ここから本文です

ファルケン、今年もニュルブルクリンク24時間にオフィシャルスポンサーとして協賛

5/22(月) 19:38配信

オートスポーツweb

 住友ゴムグループのファルケンタイヤヨーロッパは、2017年も5月25日~28日にニュルブルクリンクで開催される『第45回ADACチューリッヒ ニュルブルクリンク24時間耐久レース』に協賛する。

 ヨーロッパで高い評価を得るファルケンは、長年ニュルブルクリンク24時間に挑戦を続けているほか、大会のオフィシャルスポンサーとして協賛している。今季はファルケン・モータースポーツとして最高峰のSP9にポルシェ911 GT3 RとBMW M6 GT3を投入。2台体制に強化し、総合優勝を目指す。

 また、激戦区のSP3Tクラスで3年連続5度目の優勝をめざすスバルテクニカインターナショナルのスバルWRX STIにもグリップ性能や耐久性をより向上させたファルケンタイヤを供給。足下からチームを支えることになる。

 また、レースではブースの出店や各種イベントを実施。ファルケンブースではバーチャルリアリティを活用した体験型コンテンツや、最新のファルケンタイヤラインアップの展示のほか、会場内ではドリフトショーを行うなど、各種イベントの実施によりブランドの訴求を図るという。

 レースの模様はファルケン公式サイト(http://24hlive.falkentyre.com/)、FALKEN公式フェイスブック(https://www.facebook.com/falkenglobal)で随時レポートされる。

[オートスポーツweb ]