ここから本文です

ミラン指揮官が「上手く試合に入った」本田を評価、「称えなければならない」

5/22(月) 13:43配信

SOCCER KING

 セリエA第37節が21日に行われ、ミランはホームでボローニャと対戦し、3-0と勝利を収めた。試合後、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督がイタリアメディア『Rai』のインタビューに応えた。

【動画あり】乾貴士がやった! バルセロナ相手にカンプ・ノウで鮮やかな2得点

 本拠地での最終戦を終えて、試合後には選手から胴上げされたモンテッラ監督。「いくつかの場面では、上手くいかなかったこともあったかもしれないが」と前置きしながらも、今シーズンのチームの戦いぶりに満足感を示した。

「シーズンにわたって、一定の結果を得ることができた。決して諦めることがない、このチームは信頼できるし、結束している。私を満足させてくれた。サポーターについても触れなければならないね。クラブの歴史を振り返っても、今はネガティブな時期にあるにもかかわらず、彼らは常に我々を応援してくれている。今シーズンは確実にポジティブなものだ。スーペルコッパ・イタリアでは勝てないような相手を倒し、コッパ・イタリアでは敗退したが誇らしく去った」。

 また、この日の試合に58分から出場し、1点リードで迎えた73分に直接FKを決めた日本代表MF本田圭佑についても称賛を送っている。

「今日は、新しいフォーメーションで戦った。(コロンビア代表FWカルロス)バッカと(イタリア代表MFアンドレア)ベルトラッチは悪くはなかったが、少し間延びしてしまった。本田は上手く試合に入ったと思う。彼を称えなければならない。なぜなら、常に彼を起用してきた訳ではないからだ。一方、(チリ代表MF)マティ(アス・フェルナンデス)を途中出場させたのは、チームには変化が必要だと思ったからだ」。

 ミランは6位フィニッシュが確定し、来シーズンのヨーロッパリーグ予選3回戦からの出場権を獲得。指揮官は「私は偉大なクラブで指揮を執っている。チームは満足感を与えてくれるだろうし、これから成長する可能性を秘めている。私は自分のやり方でチーム作りを進めている。喜んで指揮官を続けていくだろう」とコメントし、来シーズンも続投する考えを明かした。

SOCCER KING

最終更新:5/22(月) 13:43
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合