ここから本文です

前人未踏の6連覇達成…ブッフォン「消し去ることのできない1ページを作った」

5/22(月) 17:18配信

SOCCER KING

 セリエA第37節が21日に行われ、ユヴェントスはホームでクロトーネに3-0と勝利し、前人未踏のリーグ6連覇を達成した。試合後、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、イタリアメディア『メディアセット』のインタビューに応えている。

【動画】堂安の逆転弾で20日本代表が南アを破り10年ぶりのU-20W杯白星発進

 ユヴェントスは12分、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチの得点で幸先よく先制すると、39分にはアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが追加点を挙げ、前半のうちに2点をリード。終盤の83分にはブラジル代表DFアレックス・サンドロが決定的な3点目をマークし、快勝した結果、2位ローマとの勝ち点4差をキープして史上初のセリエA6連覇を達成した。

 現在39歳のブッフォンにとっては、8度目のリーグ制覇。今シーズンもここまで公式戦42試合でゴールマウスを守り、不動の守護神として君臨している。「6連覇達成は、本当に特別なものだ。サッカーの歴史に消し去ることのできない1ページを作った。常にベストを尽くして働き、6年連続で優勝を収めるということは何かしら有益なもの」と優勝の喜びを語った。

 また、バロンドール(年間世界最優秀選手賞)の受賞の可能性については「もしその賞に値するのであれば、喜んでいただこう。しかし、私にはご褒美などというものはいらない」とコメント。個人の賞にはこだわらない姿勢を示した。

 6月3日に行われるチャンピオンズリーグ決勝ではレアル・マドリードとの対戦が控えており、もしもユヴェントスが頂点に立ち、コッパ・イタリア、セリエAに続いて3冠達成となった場合は、ブッフォンがバロンドールを受賞するとの見方も強まっている。

SOCCER KING

最終更新:5/22(月) 17:18
SOCCER KING