ここから本文です

レアルが5シーズンぶり頂点、乾のエイバルは10位でフィニッシュ/リーガ最終節

5/22(月) 17:10配信

SOCCER KING

 リーガ・エスパニョーラ第38節が21日に行われ、2016-17シーズンのリーグ戦全日程が終了した。

【動画あり】乾貴士がやった! バルセロナ相手にカンプ・ノウで鮮やかな2得点

 白熱の優勝争いは、レアル・マドリードが5シーズンぶりに制した。引き分け以上なら無条件で優勝が決定する状態で試合に挑んだレアル・マドリードは、アウェイでマラガに2-0と快勝。2位のバルセロナはホームでMF乾貴士擁するエイバルと対戦し、乾が2得点を奪うなど奮闘した。バルセロナは後半、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの2得点などで逆転し、4-2で勝利を収めたものの、レアル・マドリードが勝利したため、惜しくもリーグ3連覇はならなかった。

 3位は、アスレティック・ビルバオとの最終節に3-1で勝利したアトレティコ・マドリード。スぺイン代表FWフェルナンド・トーレスが2ゴールを挙げる活躍を見せた。4位にはオサスナとの最終節で5-0と圧勝したセビージャが入っており、アトレティコ・マドリードとともに来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得している。

 ヨーロッパリーグ出場権は5位のビジャレアル、6位のレアル・ソシエダが手にした。乾の所属するエイバルは、最終節でバルセロナ相手に健闘したものの、3連敗でシーズンを終えることとなった。加入2年目となった乾は今シーズン、リーガ・エスパニョーラ全38試合中28試合に出場(先発出場は26試合)して3ゴールを記録。たしかな存在感を発揮し、中心選手として活躍した。

 一方、下位ではグラナダが、3試合を残し第35節終了時点で降格が決定。最終節でもホームでエスパニョールに1-2で敗れている。19位のオサスナも最終順位では勝ち点2差でグラナダを上回ったものの、第34節終了時点で4試合を残して降格が決まっていた。スポルティング・ヒホンも第37節エイバル戦では勝利し、残留圏内の17位デポルティーボとの勝ち点3差となっていたものの、最終節に勝ち点が並んだとしても、デポルティーボとの2試合はともに敗れているため、18位が確定し2部降格が決まっていた。最終節では2-2でベティスに引き分けている。

 なお、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝は27日に開催され、準決勝でアトレティコ・マドリードを下したバルセロナと、セルタを下したアラベスが対戦する。バルセロナは3連覇を目指し、一方のアラベスはクラブ史上初の栄冠を目指して戦う。

■リーガ・エスパニョーラ第38節結果
バルセロナ 4-2 エイバル
アトレティコ・マドリード 3-1 アスレティック・ビルバオ
セビージャ 5-0 オサスナ
バレンシア 1-3 ビジャレアル
マラガ 0-2 レアル・マドリード
セルタ 2-2 ソシエダ
デポルティーボ 3-0 ラス・パルマス
レガネス 1-1 アラベス
スポルティング・ヒホン 2-2 ベティス
グラナダ 1-2 エスパニョール

■リーガ・エスパニョーラ最終順位(カッコ内は昨シーズンの順位)
1位 レアル・マドリード 勝ち点93 (2位)
2位 バルセロナ 勝ち点90 (1位)
3位 アトレティコ・マドリード 勝ち点78 (3位)
4位 セビージャ 勝ち点72 (7位)
==========CL==========
5位 ビジャレアル 勝ち点67 (4位)
6位 レアル・ソシエダ 勝ち点64 (9位)
==========EL==========
7位 アスレティック・ビルバオ 勝ち点63 (5位)
8位 エスパニョール 勝ち点56 (13位)
9位 アラベス 勝ち点55 (昇格)
10位 エイバル 勝ち点54 (14位)
11位 マラガ 勝ち点46 (8位)
12位 バレンシア 勝ち点46 (12位)
13位 セルタ 勝ち点45 (6位)
14位 ラス・パルマス 勝ち点39 (11位)
15位 ベティス 勝ち点39 (10位)
16位 デポルティーボ 勝ち点36 (15位)
17位 レガネス 勝ち点35 (昇格)
==========降格=========
18位 スポルティング・ヒホン 勝ち点31 (17位)
19位 オサスナ 勝ち点22 (昇格)
20位 グラナダ 勝ち点20 (16位)

SOCCER KING

最終更新:5/22(月) 17:10
SOCCER KING