ここから本文です

ミラン監督、会見で本田に感謝「偉大なプロフェッショナル」

5/22(月) 1:50配信

ゲキサカ

[5.21 セリエA第37節 ミラン3-0ボローニャ]

 ミランのビンチェンツォ・モンテッラ監督が、ボローニャ戦後の会見で、462日ぶりのゴールとなるFK弾を決めるなど、勝利に貢献したMF本田圭佑を称賛した。

 モンテッラ監督は0-0のこう着状態を打開すべく、本田を4試合ぶりに起用する。すると流れがガラリと変化。後半24分に先制点が生まれると、同28分には本田が直接FKを蹴り込む。後半アディショナルタイムにも加点したミランは、6試合ぶりの勝利で、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得した。

 奇しくも、モンテッラ監督の下で出番をなくしていた本田が、不振のミランを救う形になった。『ミランニュース』によると、試合後の会見で本田について言及した指揮官は「彼は最高のゲームを作った。最も困難な時間帯に入ったにも関わらず、決定的な仕事をした。彼の得点はみんなが祝福した。彼は偉大なプロフェッショナルだ」と最大級の賛辞を贈り、感謝を示した。

最終更新:5/22(月) 1:50
ゲキサカ