ここから本文です

シティが敵地で爆発!5発完勝で来季CLストレートインの3位確保

5/22(月) 7:00配信

ゲキサカ

[5.21 プレミアリーグ第38節 ワトフォード0-5マンチェスター・C]

 プレミアリーグは21日、2016-17シーズンの最終節を行った。マンチェスター・シティは敵地でワトフォードと対戦し、5-0で勝利。来季のチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権を獲得した。

 第34節延期分のWBA戦を3-1で快勝し、4位以内をほぼ手中におさめたシティ。この試合で引き分け以上に終われば、他会場の結果に関係なく、トップ4入りが確定する。会見でジョゼップ・グアルディオラ監督が「決勝のようなもの」と語ったように集中した入りをみせると、前半5分に先制に成功する。MFケビン・デ・ブルイネの左CKからDFビンセント・コンパニがヘディングシュートを叩き込み、早々に先制点を奪った。

 さらにシティはエースが立て続けにゴールネットを揺らす。前半23分、カウンターからデ・ブルイネのスルーパスで抜け出したFWセルヒオ・アグエロが右足シュートをゴール左隅に流し込み、2-0。リードを広げると、36分にはMFダビド・シルバの絶妙なスルーパスからMFリロイ・サネがPA左に侵入し、中央に折り返したボールをアグエロが左足で合わせ、3-0とした。

 この勢いは止まらず、前半41分にシティはMFフェルナンジーニョがFWガブリエル・ジェズスとのパス交換から右足シュートを決め、前半を4-0で折り返す。ほぼCL出場権獲得が確定したシティだが、後半13分に右サイドからアグエロが上げたクロスをジェズスが巧みなボールタッチから左足シュート。GKの手を弾いてゴールネットを揺らす。その後は得点は生まれなかったが、シティが5-0で完勝し、シーズン3位で来季のCLストレートインを獲得した。

最終更新:5/22(月) 7:00
ゲキサカ