ここから本文です

[関東]専修大が逆転勝利で5戦ぶり白星!法政大は4連勝ならず、「チームとしての弱さが見えた」

5/22(月) 9:02配信

ゲキサカ

[5.21 第91回関東大学L1部第6節 法政大1-2専修大 味スタ西]

 第91回関東大学サッカーリーグ戦1部リーグの第6節が21日に各地で行われた。味の素スタジアム西競技場の第1試合では、3連勝中の法政大と4戦勝ちなし(2分2敗)の専修大が対戦。専修大が2-1の逆転勝利を収め、開幕戦以来の勝ち点3を手に入れた。順位も9位から7位へ上げている。

 法政大にとっては勝利した場合、得点差次第で首位浮上の可能性もあっただけに悔やまれる結果。4連勝を逃した長山一也監督は「本当に強いチームになるために、今日の試合がすごく重要だった。それを選手にも提示して、試合に臨んだのですが……点を取るところまではしっかり戦えたのですが、それ以降と後半の内容がひどすぎる」と唇を噛んだ。

 チーム最多3本のシュートを放ったFWディサロ燦シルヴァーノ(3年=三菱養和ユース)も指揮官同様に「1点を取ってから変な意味で落ち着いてしまった。あそこで追加点を狙いにいきたかったんですが、変な余裕が生まれてしまって」と悔やむ。

 法政大は4-2-3-1システムで2列目左ではMF長谷川元希(1年=大宮ユース)、1トップではFW上田綺世(1年=鹿島学園高)、CB森岡陸(1年=磐田U-18)とルーキー3名を先発起用。対する専大はFW鈴木厚太(2年=飛龍高)、FW岸晃司(2年=川崎F U-18)、FW氣田亮真(2年=千葉U-18)の3トップを置く3-4-3で挑んだ。

 立ち上がりから迫力持って攻め込んだのは法政大。すると前半13分に先制に成功。センターライン付近でMF川崎雅哉(4年=静岡学園高)がスライディングで相手ボールをカット。MF土橋優樹(4年=川崎F U-18)、MF紺野和也(2年=武南高)とつなぎ、PA右からDF武藤友樹(4年=八千代高)が放ったシュートは相手DFに当たり、右CKを得る。ここでのセットプレー。MF渡辺淳揮(3年=初芝橋本高)が正面に入れたボールを高い打点でDF前谷崇博(3年=G大阪ユース)が頭で叩き、ゴールネットを揺らした。1-0と法政大がリードを奪う。

 対する専大は中盤でのパスミスなどが続き、前半30分までの決定機は同7分に氣田が放った一本のシュートのみ。それでも法大がトーンダウンしていった前半30分過ぎから連続でチャンスを迎える。同33分には氣田の横パスを受けたMF葛谷将平(3年=大津高)がPA手前で深い切り返しからシュート。惜しくも枠外。同37分にはMF小林岩魚(3年=甲府U-18)の右CK、ニアサイドの相手FW上田に頭でクリアされたが、こぼれを拾った小林がファーサイドへ右クロスを送る。味方には合わない。押し込みつつも、1-0で前半を折り返す。

 それでも前半終了間際の流れを継いだ法政大は後半10分に同点弾。小林の左クロスにゴール前の鈴木が頭で合わせ、これをGK関口亮助(4年=浦和ユース)が後逸。こぼれに詰めた岸が右足で流し込み、1-1と試合を振り出しに戻した。

 直後に法大は負傷した土橋に代わり、MF長倉颯(3年=横浜FMユース)を入れる。ボランチでスライドしては相手の攻撃の芽を摘んでいたMFの交代。指揮官が「土橋のところが効いていたのですが負傷で代わって、そこでボランチのバランスが崩れてしまった」と振り返ったように、同点被弾直後のこのアクシデントが痛かった。選手間の距離が乱れ始め、上手くパスがつながらず。チーム全体がバラバラになっていく。

 後半18分には紺野に代わり、FW清谷陸(4年=広島皆実高)を入れた。同20分には右サイドをオーバーラップした武藤が中は切れ込もうとしたがDF鹿沼直生(2年=静岡学園高)に阻まれる。同23分には武藤の右クロスにファーサイドの清谷があわせたが枠を外れた。

 専修大は後半25分に二枚替え。岸と氣田に代わり、MF蛭田拓海(2年=前橋育英高)とMF岡本勇輝(2年=横浜FCユース)を入れる。同32分に法大は最後のカードを切り、上田に代えてFW青柳燎汰(3年=前橋育英高)を入れた。

 すると2点目の奪取に成功したのは専大だった。後半34分、法政大のディサロが相手バックパスをかっさらって決定機を迎えたが、これを奪い返してのカウンター。ゴール正面から波状攻撃で持ち込むと岡本の縦パスを葛谷がスルー。蛭田の左足シュートをGK関口が前に弾いたところ、詰めた鈴木が頭で押し込んだ。後半終了間際アディショナルタイムに専大は葛谷に代わり、DF葛西恭平(4年=札幌大谷高)を入れる。そのまま逃げ切り、2-1の逆転勝利。開幕戦以来となる5戦ぶりの白星を手に入れた。

 試合後、4位から首位浮上の可能性が一転して6位後退となった法大の長山監督は「この暑い状況で攻撃がシュートで終わり、ゴールラインを割って終わると、全体が休みながらとか全員がボールを見れる状況で守備ができるんですけど、終わり方というところを徹底して出来なかったのが敗因かなと」と振り返った。連勝は3でストップ。指揮官は「チームとしての弱さが見えた。弱いチームなのでここからもう一回やらせないといけない」と誓った。 

最終更新:5/22(月) 9:06
ゲキサカ