ここから本文です

王者チェルシーが今季30勝でプレミア新記録樹立!5発快勝でテリーの本拠地最終戦を飾る

5/22(月) 9:17配信

ゲキサカ

[5.21 プレミアリーグ第38節 チェルシー5-1サンダーランド]

 プレミアリーグは21日、2016-17シーズンの最終節を行った。チェルシーはホームにサンダーランドを迎え、5-1で勝利。今季30勝とし、自身が2004-05、05-06シーズンに記録した1シーズンの最多勝利数29勝を上回り、新記録を樹立した。

 15日に行われた第28節延期分のワトフォード戦からメンバーを6人変更。GKティボー・クルトワやFWジエゴ・コスタらがスタメンに復帰し、今季限りで退団するDFジョン・テリーもスターティングメンバーに名を連ねた。勝って来週26日に行われるFA杯決勝アーセナル戦に弾みをつけたい王者チェルシーは、いきなり出鼻をくじく。

 最下位サンダーランドは前半3分、MFセバスティアン・ラーションのFKがディフレクトしてこぼれたボールをPA右のDFハビエル・マンキージョが右足で叩き込み、先制点を奪った。しかしチェルシーは8分、MFマルコス・アロンソのFKの流れからPA内でパスをまわし、最後はPA右のMFウィリアンが豪快に右足を振り抜き、1-1。早々に試合を振り出しに戻した。

 同点に追いついたチェルシーは、テリーを背番号と同じ前半26分にDFガリー・ケーヒルと交代。チームメイトやサポーターの拍手に見送られながらピッチを後にした。

 前半は逆転ゴールを奪えなかったチェルシーだが、後半16分にFWジエゴ・コスタのパスを受けたMFエデン・アザールがPA左に侵入し、左足シュート。2-1と逆転に成功すると、32分にはMFセスク・ファブレガスのロングフィードからDFジョリーン・レスコットのクリアミスを誘発し、このボールをFWペドロ・ロドリゲスが頭で押し込み、3-1とした。

 勢いが止まらないチェルシーは、12日のWBA戦で優勝を決定づける決勝点を決めた男が終了間際に立て続けにゴールネットを揺らす。後半45分、ペドロのスルーパスに反応したFWミキー・バチュアイが滑り込みながら右足ダイレクトで合わせ、4-1。アディショナルタイム2分には、セスクのフィードで裏を取ったバチュアイが右から中央に切れ込んで、左足シュートを流し込み、ダメ押し。チェルシーが逆転勝利でテリーのスタンフォード・ブリッジ最終戦を勝利で飾った。

最終更新:5/22(月) 9:17
ゲキサカ