ここから本文です

バルサから2発のMF乾に興奮のFW岡崎慎司「サッカー小僧が伝説を残した」

5/22(月) 9:57配信

ゲキサカ

[5.21 リーガ・エスパニョーラ第38節 バルセロナ4-2エイバル]

 バルセロナを相手に2得点を決めたエイバルのMF乾貴士をレスター・シティのFW岡崎慎司が賞賛した。自身のツイッター(@okazakiofficial)で綴っている。

 乾は21日に行われたリーガ・エスパニョーラ第38節・バルセロナ戦に左サイドハーフで先発すると、前半7分に左足ボレーで先制点。後半16分にも再び左足ボレーで追加点を奪ったが、チームはその後4失点し、逆転負けを喫した。

 チームは敗れたものの、バルサの本拠地・カンプノウで2得点を挙げた乾。バルセロナを相手にゴールを記録した初の日本人選手となった。

 岡崎は「乾たかしがカンプノウで2発。このニュースを知って興奮しない日本のサッカーファンはいないと思う」と綴り、「負けたけど、今後日本人としてあるかどうかも分からない事をした。サッカー小僧が伝説残したと思う。興奮が冷めない」(原文まま)と乾の活躍に興奮冷めやらぬ様子をみせた。

最終更新:5/22(月) 16:38
ゲキサカ