ここから本文です

ケインが圧巻ハットで2年連続得点王に!トッテナムが今季最終戦を7発ゴールラッシュで終える

5/22(月) 10:00配信

ゲキサカ

[5.21 プレミアリーグ第38節 ハル・シティ1-7トッテナム]

 プレミアリーグは21日、2016-17シーズンの最終節を行った。トッテナムは敵地でハル・シティと対戦し、7-1で圧勝。ハットトリックを達成したFWハリー・ケインが今季29得点とし、2年連続でプレミアリーグの得点王に輝いた。

 18日に行われた第34節延期分レスター・シティ戦で4得点を挙げ、残り1試合を前に得点ランキング首位に躍り出たケイン。レスター戦で温存したMFクリスティアン・エリクセン、公式戦20発トリオのMFデレ・アリ、FWソン・フンミンと共に先発出場すると、前半11分に先制点を奪った。高い位置でのボール奪取からエリクセンのパスを受けたケインがPA手前から左足を振り抜き、早々にゴールネットを揺らした。

 さらにトッテナムは前半13分、MFエリック・ダイアーの浮き球パスをPA右からDFキーラン・トリッピアーが中央に折り返し、ケインが左足で合わせて2-0。アディショナルタイム2分には、ショートカウンターからPA左に抜け出したソン・フンミンの折り返しをデレ・アリが右足で流し込み、3-0で前半を終えた。

 前節に続き、順位が確定しているため大きなモチベーションはないものの、後半も地力の差をみせつけるトッテナム。21分にDFヤン・フェルトンゲンのパスミスから1点を返されたが、24分に右サイドで獲得したエリクセンのFKからファーサイドのMFビウター・ワニャマが頭で合わせ、再び3点差とした。

 後半27分、高い位置からのプレッシャーでボールを奪い、デレ・アリのスルーパスで抜け出したケインが冷静にGKとの1対1を制してハットトリック達成。得点王を決定づけた。終了間際の39分には、FKのこぼれ球をワニャマが後方に落とし、DFベン・デイビスが左足一閃。6-1とすると、42分には右サイドからトリッピアーが上げたクロスをDFトビー・アルデルワイレルトが押し込み、そのままタイムアップ。トッテナムが最終戦を7-1で飾り、実り多き内容で今シーズンを2位で終えた。

最終更新:5/22(月) 10:00
ゲキサカ