ここから本文です

プレミア最終戦…ベンチスタートの岡崎は出番なし、吉田はフル出場も1点に泣く

5/22(月) 10:18配信

ゲキサカ

 プレミアリーグは21日、2016-17シーズンの最終節を行った。

 FW岡崎慎司が所属するレスター・シティはホームでボーンマスと対戦。開始早々にMF
ジュニア・スタニスラスに先制点を許し、苦しい展開となったが、後半6分にDFベン・チルウェルが左サイドからクロスを供給すると、FWイスラム・スリマニがヘッドで折り返したボールをFWジェイミー・バーディが右足で押し込み、1-1。昨季王者レスターは今シーズンを12位で終えた。

 岡崎は4月26日の第28節延期分アーセナル戦以来のベンチスタート。6試合ぶりの出番はなしに終わった。なお、岡崎は今シーズン30試合に出場し、3ゴール1アシストという記録を残した。

 DF吉田麻也が所属するサウサンプトンはホームでストーク・シティと対戦し、0-1で敗戦。今シーズンを8位で終えた。クラブ年間表彰式で会長賞を受賞した吉田は、20試合連続でスタメンとなったが、最終戦を白星で飾れなかった。なお、吉田は今シーズン23試合に出場し、1得点を記録した。

最終更新:5/25(木) 18:09
ゲキサカ