ここから本文です

三菱自、中国のエンジン合弁会社で生産累計500万基を達成

5/22(月) 11:24配信

オートックワン

三菱自動車は、中国におけるエンジン生産の合弁会社である瀋陽航天三菱が、5月19日にエンジンの生産累計が500万基に達したことを発表した。

このニュースのフォトギャラリー

瀋陽航天三菱は、1997年8月に設立され、1998年より生産を開始。拡大を続ける中国の自動車市場において、三菱ブランドの車体メーカー向けのみならず、多くの中国メーカーにもエンジンを供給することで、2014年に生産累計300万基、2016年に400万基を達成している。

益子修社長は「中国の大手エンジンサプライヤーである瀋陽航天三菱が生産累計500万基を達成し、この記念すべき成果を大変誇りに思っています。また、生産累計は昨年の400万基から25%増えており、中国における乗用車市場の目覚ましい成長も意味しています。私たちは瀋陽航天三菱の将来に自信を持っており、引き続き中国の自動車産業に貢献できることを嬉しく思います」と述べた。

2009年6月からは小型自動車搭載用の小排気量で軽量、環境にも配慮したMIVEC※機構付の4A9シリーズの本格量産を開始し、2016年には75万基を販売した。さらに現行4G6エンジンの後継である4K2を投入する等、タイムリーに顧客のニーズに見合った高品質な製品を提供する事により事業規模の拡大を実現して来た。

瀋陽航天三菱は、今後も多様化する市場のニーズに応え、商品ラインアップの強化、環境性能の向上に注力し、中国自動車産業の発展に貢献していくとしている。

※MIVEC:Mitsubishi Innovative Valve Timing Electronic Control(三菱自動車の連続可変バルブタイミング機構の総称)

最終更新:5/22(月) 11:24
オートックワン