ここから本文です

TOYOTA GAZOO Racing WRC第6戦ラリー・ポルトガルで、ヤリス3台が完走し全選手がシリーズポイントを獲得!

5/22(月) 18:04配信

オートックワン

初の3台体制で臨んだラリー、幾多の困難を乗り越え全車が完走

2017年5月21日(日)、2017年、FIA世界ラリー選手権(WRC)第6戦ラリー・ポルトガルの競技最終日デイ4がポルトガル北部で行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(ヤリスWRC#11号車)が総合7位で、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)が総合9位で、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(ヤリスWRC#12号車) が総合10位でフィニッシュした。

このニュースのフォトギャラリー

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamにとっては実り多かったラリー

ラリー・ポルトガルの競技4日目デイ4は、サービスパークが置かれるマトジニョスの北~東北エリアで4本、計42.93kmのグラベル(未舗装路)SSが行われた。ハンニネンは安定感のある走りを続け、SS18では5番手タイムを記録。

前日よりも少し体調が好転したラトバラは、ミスなく4本のSSを走破し9位の座を堅持した。そしてラッピは、今回がワールドラリーカーでの初ラリーであったにも関わらず、10位でフィニッシュしポイントを獲得。

さらに、ボーナスポイントがかかる「パワーステージ」のSS19では、4番手タイムを記録してボーナスの選手権ポイントを加算した。それぞれの選手が様々な困難に対峙したタフな1戦ではあったが、終わってみれば全車がトップ10以内で完走を果たすことができた。

6月8日から11日にかけてイタリアのサルディニア島で開催される次戦情報

FIA世界ラリー選手権(WRC)次戦は、3週間後の6月8日から11日にかけてイタリアのサルディニア島で開催される、シリーズ第7戦「ラリー・イタリア サルディニア」。ラリー・ポルトガルと似た砂状の、軟らかいグラベル(未舗装路)コースが戦いの舞台となる。6月のサルディニア島は気温が高くなることが多いため、次回もタフなラリーとなることが予想される。TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamはラリー・ポルトガルに続き、ラトバラ、ハンニネン、ラッピのヤリスWRC 3台体制でラリー・イタリア サルディニアに臨む。

最終更新:5/22(月) 18:04
オートックワン