ここから本文です

化学品メーカーのハンツマンとクラリアントが合併交渉-関係者

5/22(月) 8:36配信

Bloomberg

米ハンツマンとスイスのクラリアントが合併交渉を行っている。協議に詳しい関係者1人が明らかにしたもので、実現すれば時価総額で約140億ドル(約1兆5600億円)の化学品メーカーが誕生する。

匿名を条件に同関係者が語ったところによれば、両社はまだ合意に達していないが、クラリアントが合併後の新会社「ハンツマンクラリアント」の株式を約52%保有することを想定している。ハンツマンのピーター・ハンツマン最高経営責任者(CEO)が新会社でもCEOに就き、クラリアントのハリオルフ・コットマンCEOは会長となる。取締役は均等に配分される。

通常の営業時間外に両社担当者にコメントを求めたが、返答はない。交渉については米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が先に報じていた。

原題:Huntsman, Clariant Said in Talks Toward $14 Billion Merger(抜粋)

Matthew Monks, Jack Kaskey

最終更新:5/22(月) 8:36
Bloomberg