ここから本文です

4月貿易収支は3カ月連続黒字、対中輸出過去最大-予想は下回る

5/22(月) 9:13配信

Bloomberg

輸出から輸入を差し引いた日本の貿易収支は4月速報で3カ月連続の黒字となった。市場予想は下回った。

キーポイント

・貿易収支は前年同月比40.6%減の4817億円の黒字(ブルームバーグ調査の予想中央値は5207億円の黒字)-前月は6140億円の黒字

・輸出は同7.5%増の6兆3292億円と5カ月連続の増加-前月は7兆2296億円

・輸出数量指数は4.1%増と3カ月連続の増加

・輸入は同15.1%増の5兆8475億円と4カ月連続の増加-前月は6兆6156億円

背景

1-3月期の実質国内総生産(GDP、速報値)は年率2.2%増と5期連続のプラス成長となり、輸出は前期比2.1%増加した。輸出が日本経済のけん引役となる中、米トランプ政権は貿易赤字を問題視しており、政治的リスクは残る。

イタリアで開催された主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議は13日に閉幕。共同声明には「経済に対する貿易の貢献の強化に取り組んでいる」と記されたが、保護主義に反対する明確な文言は盛り込まれなかった。

エコノミストの見方

・大和証券の永井靖敏チーフエコノミストは電話取材で、輸出の増加について「景気の腰折れは考えなくてもよいレベル」だと評価。中国向け輸出は、世界経済の上昇に伴い増加したという見方を示した。ただ国内消費の勢いは弱く、輸出が鈍化した場合は日本経済の持続的な回復に不安が出てくると述べた。

・SMBC日興証券の丸山義正チーフマーケットエコノミストはリポートで、17年度も「強い外需と弱い内需が続く」と予想。輸出は世界経済持ち直しによる需要増加と円安によって拡大基調を維持するが、賃金上昇が限られるため「個人消費は伸び悩みが続く」とみる。設備投資も、米の政策不安や国内の需要への懸念のため「顕著な拡大を期待はできないだろう」という。

詳細

・原油価格上昇が輸入を押し上げる一方、輸出は昨年4月の熊本地震の反動で、対前年同月比で強めに出ていると財務省は説明

・対中輸出は4月として過去最大の1兆1877億円-科学光学機器や自動車の部分品が寄与

・連休が重なった影響で、5月の輸出は低調となる可能性があると財務省

エコノミストの見方を更新し、詳細を追加しました.

Maiko Takahashi

最終更新:5/22(月) 11:05
Bloomberg