ここから本文です

米大統領は貧困対策やメディケイドの支出大幅削減提案へ-関係者

5/22(月) 12:45配信

Bloomberg

トランプ米大統領は10年以内に連邦財政収支を均衡させる取り組みの一環として、低所得者向けの主要な給付金プログラムなどの支出を1兆7000億ドル(約189兆5000億円)削減することを提案する。

共和党の議会関係者とブルームバーグ・ニュースが入手したホワイトハウスの文書によると、23日に公表される予算教書の詳細には、フードスタンプ(食料配給券)を含む貧困対策プログラムを10年間で2740億ドル削減する案が盛り込まれる。

また、米紙ワシントン・ポストによれば、予算教書はメディケイド(低所得者向け医療保険)の支出も8000億ドルの削減を求める。

2018会計年度(17年10月ー18年9月)の予算教書では個人所得税率の上限を35%に引き下げることも盛り込まれており、民主党からは既に批判を招いている。同党のシューマー上院院内総務は21日の発表文で、「この予算はトランプ大統領の本性を暴露し続ける。選挙戦中のポピュリスト(大衆迎合)キャンペーンのレトリックは、富裕層に恩恵をもたらし中間層を犠牲にする長年の極右政策を実行するためのトロイの木馬にすぎなかったということだ」と述べた。

大統領選でトランプ氏は、社会保障制度とメディケア(高齢者向け医療保険制度)、メディケイドを削減しないと公約していた。しかしトランプ氏は既にメディケイドに関しては公約を破り、5月4日に下院で可決された米医療保険制度改革(オバマケア)代替法案で求められた同プログラムの削減を支持している。

ホワイトハウスの文書によると、トランプ大統領はフードスタンプとして一般に知られる補助的栄養支援プログラムで向こう10年間に1930億ドルの削減を提案する。これは約25%の圧縮に相当し、フードスタンプ支給の適格要件の制限や就労義務などを通じて達成されるという。また、勤労所得控除と子供税額控除で400億ドルの予算が削減されるほか、貧困世帯の一時支援も210億ドル減らす。

予算教書では、国内の裁量的経費の大幅削減も提案する見通し。先に発表した予算方針では18年度だけで540億ドルの削減を求めていたが、議会共和党は既にその多くについて反対している。マコネル共和党上院院内総務は先週、議会が最終的に独自の予算案を起草すると述べ、医学研究や国務省の予算の大幅削減に反対する考えをあらためて示していた。

原題:Trump to Propose Deep Cuts to Anti-Poverty Programs and Medicaid(抜粋)

支出削減の詳細などを追加して更新します.

Erik Wasson, Steven T. Dennis, Kiyoe Shugo

最終更新:5/22(月) 15:01
Bloomberg