ここから本文です

北朝鮮へ独自制裁検討 政府、資産凍結の対象拡大案

5/23(火) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 北朝鮮の相次ぐミサイル発射をめぐり、菅義偉官房長官は22日、「北朝鮮の外貨収入を減少させるとともに、核・ミサイル関連の貨物や技術移転を防止することが重要だ」と述べた。政府は、北朝鮮への石油輸出禁止を中国に求めるほか、独自の制裁として核・ミサイル開発に関連する団体や個人の資産凍結対象を広げる制裁強化策を検討しているが、実効性は未知数だ。
 北朝鮮は21日、今年8回目となる弾道ミサイルを発射。最大の特徴はミサイル発射の時間帯だ。北朝鮮は通常、早朝を中心にミサイルを発射するが、今回は夕方。防衛省によると、北朝鮮は昨年15回ミサイルを発射したが、夕方は2回のみだ。……本文:1,492文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ