ここから本文です

【ROAD FC】元・女子ボクシング世界王者ライカが連続参戦、韓国の散打女王と激突

5/23(火) 11:57配信

イーファイト

 7月15日(土・現地時間)韓国・ソウルのチャンチュン体育館にて開催されるMMA(総合格闘技)イベント『ROAD FC 040』の追加対戦カードが発表された。

【フォト】ROAD FCが期待の新星としてプロモーションにも力を入れるヘイン

 元・女子プロボクシング三冠王者ライカ(Tribe Tokyo MMA)が3月に続き2度目の参戦。テコンドー&散打出身の新星キム・ヘイン(韓国)と対戦する。

 ライカは女子プロボクシングでIFBA世界スーパーライト級、WIBA世界ライト級、OPBF東洋太平洋女子ライト級の3タイトルを獲得するなど14年間活躍。2014年にボクシングから引退し、MMAプロデビューを果たした。

 現在のMMA戦績は10戦5勝4敗1ノーコンテスト。ROAD FCには3月に開催された女子大会『ROAD FC XX』(XX=ダブル・エックス)で初参戦し、18歳の新鋭ガン・ジニ(韓国)に判定勝ちを収めている。

 対するヘインは高校生の時にテコンドーの韓国ジュニア代表に選出された経験を持ち、散打の国内王者に輝いたこともあるストライカーだ。ROAD FCのアマチュア部門で経験を積み、昨年9月の大会で期待の新星としてMMAプロデビュー。無敗の中国人選手と対戦して引き分けている。

 ライカが敵地で連勝を収めるか。それともヘインがプロ初勝利を上げるか。ROAD FC第2戦目を勝利で飾るのは果たしてどちらか。

最終更新:5/23(火) 12:01
イーファイト