ここから本文です

菊地成孔ダブ・セプテット、MOTION BLUE YOKOHAMA公演をもって無期限の活動休止を発表

5/23(火) 16:20配信

CDジャーナル

 クロス・カルチャーを体現し続ける鬼才音楽家・菊地成孔率いるポスト・モダン・ジャズ・プロジェクト“ダブ・セプテット”が6月3日(土)・4日(日)、神奈川・横浜 赤レンガ倉庫 MOTION BLUE YOKOHAMAにて公演を開催。この公演を最後に無期限の活動休止が発表されています。

 サックス奏者として、UA、カヒミ・カリィ、JUJUといったヴォーカリストからピアニストの山下洋輔まで幅広い共演歴を誇る菊地。音楽のみならず、文学から映画、プロレス、ファッションまでを網羅する著作や発言で常に様々な分野から注目を集めています。これまでも、スパンクハッピー、DCPRG、ペペ・トルメント・アスカラールなどのプロジェクトでシーンを賑わせてきた菊地が、アコースティック・ジャズ + ダブというユニークな音楽性でポスト・モダン・ジャズを奏でるダブ・セプテット名義で登場。

 “作曲家としても高名なジャズ・ミュージシャンの、過去ほとんどカヴァーされなかった奇形的で美しい50年代式未来派サウンドを再演”をコンセプトにした同ユニットのラスト・ステージ。座席の予約はMOTION BLUE YOKOHAMAのオフィシャル・サイトをご覧ください。

最終更新:5/23(火) 16:20
CDジャーナル