ここから本文です

じょうえつバル街 はしご酒浴衣でいかが 6月17日

5/23(火) 10:06配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 飲食店をはしごしながら酒と料理を楽しむ「第8回じょうえつバル街」が6月17日に上越市と妙高市で開かれる。今回は妙高市の新井駅周辺の15店が初参加する。誘客につなげようと同市の女性商店主らのグループが開催日当日、女性客に浴衣を無料で貸し出す。メンバーの美容師らが着付けやヘアセット、ネイルを低額で行う。

 浴衣の貸し出しを発案したのは、福祉拠点施設「いきいきプラザ」(妙高市中町)でアロマサロンを営む宮尾真紀さん(41)。宮尾さんの呼び掛けに市内の美容師やネイリストらが応えた。宮尾さんは「地元の人だけでなく上越市の人が新井を訪れるきっかけにしたい。浴衣でバル街を楽しむ女性が来れば、男性も一緒に来てくれるかもしれない」と狙いを話す。

 浴衣の貸し出し、着付けはいきいきプラザで行う。先着30人(要予約)。貸し出しは無料だが着付けは500円。ヘアセット・メーク、ネイルアートもそれぞれ500円で実施する。会場ではハンドメイドアクセサリーや手作り菓子も販売する。

 浴衣レンタルの予約、問い合わせはHairSalonOne、0255(72)2444。

 バル街は高田、直江津、上越妙高、新井の4駅周辺から約70店が参加予定。正午から深夜まで。チケットは5枚つづり、1枚でドリンク1杯と料理1品。前売り3500円、当日4千円。

 問い合わせは高田本町まちづくり、025(522)3415。

◎新井商議所 無料シャトルバス運行

 新井商工会議所は「じょうえつバル街」当日の6月17日、えちごトキめき鉄道新井駅を発着し、参加15店舗周辺を巡る無料シャトルバスを運行する。バスは正午から午後9時半まで、30分間隔で走る。

 シャトルバスなど新井地区のバル街に関する問い合わせは新井商工会議所、0255(72)2425。

Yahoo!ニュースからのお知らせ