ここから本文です

家族や友達とわいわいプレイ!ファンを通じて進化してきた『Happy Wars』と『ハッピーダンジョン』

5/23(火) 12:05配信

インサイド

5月20日・21日に京都で行われたインディーゲームイベント「A 5th Of BitSummit」にて、トイロジックがWindows 10版『Happy Wars』と『ハッピーダンジョン』をプレイアブル出展していました。

【関連画像】


『Happy Wars』は最大16人でのオンライン対戦が楽しめる基本プレイ無料の大規模マルチプレイアクションゲーム。コミカルなキャラクターがファンタジー世界で攻城戦を繰り広げる作品です。2012年10月にXbox 360初のFree to Playゲームとして配信され話題となった本作ですが、Xbox One、Windows10でも配信されその度にバージョンアップされてきました。『ハッピーダンジョン』はXbox oneで2016年12月にリリースされた、最大4人で楽しめる基本プレイ無料のハック&スラッシュタイプのアクションRPG。キャラクターのかわいい見た目からは想像できない本格アクションが楽しめ、オンラインマルチプレイや画面分割による最大4人の協力プレイに対応しており、家族や友人とわいわいプレイできる作品です。両作は、長年のサービス提供の中で、新たなアイテムやゲームモード、レベルなどが追加されており、ファンのフィードバックを受けて絶えずゲームが進化してきました。



会場では『Happy Wars』か『ハッピーダンジョン』をプレイした人にオリジナル特製缶バッジをプレゼントしており、ブースには両作のファンがトイロジックの開発者やプロデューサーと一緒にゲームに興じる一面も。その他、中学生2年生くらいのファンがトイロジックの開発陣に直接ゲームについて質問を投げかけている場面も見受けられました。ファンとの交流を通じ、両作のさらなる進化が期待されますね。

最終更新:6/19(月) 11:17
インサイド