ここから本文です

「都民ファーストの会」が政策発表(全文1)東京大改革は都議会改革から

5/23(火) 16:18配信

THE PAGE

 東京都の小池百合子知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」が23日午後2時から都庁で今夏の都議選に向けた政策を発表した。

【中継録画】「都民ファーストの会」が午後2時から都議選に向け政策発表

 会見には同会の野田数代表らが出席。小池知事も冒頭のみ参加した。

※この記事は会見の全文書き起こしです。一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。

メンバーの紹介

男性:では都民ファーストの会の政策発表を始めます。よろしくお願いします。

龍円:それではこれから都民ファーストの会の基本政策集を発表させていただきます。発表するメンバーを紹介させていただきます。まずこの都民ファーストの会の広報本部のメンバーで紹介させていただきます。右から南多摩の斎藤礼伊奈さん。武蔵野市の鈴木邦和さん。そして府中市の藤井晃さん。そして渋谷区の龍円愛梨。で、文京区の増子博樹さん。そして目黒区の伊藤悠さん。こちらは代表補佐になります。このメンバーで紹介させていただきます。では1回ここで立ち上がって。

男性:〓知事 00:03:09〓の前に置いてもらえますか。

龍円:それではここで都民ファーストの会の特別顧問を務めております小池百合子特別顧問にお越しいただきます。お願いします。

小池:よろしくお願いします。

都民ファーストの会の基本政策の発表

龍円:それではあらためまして都民ファーストの会の基本政策をこれより発表させていただきます。再び、立ち上がらせていただきます。では、まいります。都民ファーストの会、基本政策集を発表いたします。

小池:ちょっと上に上げたほうがいいですね。

龍円:それでは1つ1つ紹介させていただきます。まずは斎藤礼伊奈さんから紹介させていただきます。

斎藤:都民ファーストの会、基本政策集。東京大改革は都議会改革から。条例や政策を作る議会へ。小池都政実行プランを加速化したいと思います。

 基本政策1、忖度だらけの古い都議会を新しくいたします。自分ファーストの議員から都民ファーストの議員へ。議会改革条例を作ります。議員特権を廃止します。議会棟での禁煙を実施します。

 基本政策2、のり弁をやめます。黒塗りの公文書を改め、徹底的に情報公開します。公文書管理条例の制定で情報公開を徹底します。

 基本政策3、利権を一掃します。不当な口利きで税金を無駄にする議員を許しません。不当口利き禁止条例を作ります。

鈴木:基本政策4、待機児童対策を加速します。成果と実感ある子育て対策を実行します。特に待機児童解消条例を作ります。

 基本政策5、教育の機会を増やし、質を高めます。人を育む首都東京へ。学び舎作り推進条例を作ります。

 基本政策6、命を守る頼れる東京。災害に強く災害弱者に優しい首都東京に鍛え上げます。そのために災害対策強化条例を作ります。

 基本政策7、健康長寿を誇る首都東京へ。高齢者も生き生き安心、シニアの力を生かします。健康長寿社会推進条例を作ります。さらに受動喫煙防止条例を作ります。

 基本政策8、ライフ・ワーク・バランスの徹底。長時間労働から脱し、人生を充実させる働き方へ転換します。社会における女性の力を伸ばし、生かします。ライフ・ワーク・バランス確立推進条例を作ります。

藤井:基本政策9、成長し続ける都市東京へ。人、物、金、情報を引き付け、日本経済を強力にリードします。人手不足、後継者問題の解決に取り組みます。自然・再生・省エネルギー技術、伸ばします。そのために国際金融都市推進条例を作ります。

 基本政策10、オリンピック・パラリンピックを成功へ導く。記録と記憶を残し、負の遺産を残さない大会にします。不透明な経費をガラス張りにします。東京2020大会を通じて安全な未来都市、東京をつくります。そのために東京五輪経費透明化条例を作ります。

 基本政策11、都民ファーストの視点で行政改革を徹底します。オリンピックや豊洲市場の問題。この教訓を生かし、誰もが納得できる施設整備を行います。中小零細企業に配慮し、談合のない公平で透明な入札契約制度にします。このために東京都契約適正化委員会設置条例、これを作ります。

 基本政策12、多摩格差、解消し、島嶼地域の魅力を世界へ発信します。三多摩・島嶼地域を財政的に支援する市町村総合交付金500億円、これを拡充をいたします。緑豊かな多摩で子育て世代と高齢者が共生する、そういった都市、これを目指してまいります。緑を守り生活文化を豊かにする。島嶼地域全体を観光資源化、ブランド化いたします。

龍円:基本政策13、都民の食の安全と安心を守ります。5800億円を投じながら行政、議会が認めた環境基準以下の約束はいまだに果たされていません。さらに毎年およそ100億円もの赤字発生が懸念される市場計画の甘い見通しなど、市場のあり方戦略本部で総点検し、持続可能な市場の確立を総合的に判断します。以上となっております。ではここで特別顧問の小池都知事からお話を、説明させていただきます。

小池:これ座ったほうがよろしいでしょうか、ね、マイクの指向性。それじゃあ、はい、どうぞ。

1/2ページ

最終更新:5/29(月) 6:04
THE PAGE