ここから本文です

菅田将暉、ヤン・イクチュンW主演映画「あゝ、荒野」の主題歌をBRAHMANが担当 特報も公開

5/23(火) 16:20配信

CDジャーナル

 「帝一の國」が公開中の菅田将暉と韓国映画『息もできない』のヤン・イクチュンがダブル主演を務めた映画「あゝ、荒野」の前篇が10月7日(土)、後篇が10月21日(土)より全国で順次公開。本作の主題歌が、BRAHMANが書き下ろした新曲(タイトル未定)に決定。併せて同楽曲が使用された特報が公開されています。

 「あゝ、荒野」は寺山修司が唯一発表した同名の長編小説を基にした青春ドラマ。2021年の新宿を舞台に、菅田とイクチュン演じるボクシングを通して心の隙間を埋めようとする2人の若者の友情と周囲の人間模様を描いています。菅田、イクチュンのほか、ユースケ・サンタマリア、山田裕貴、モロ師岡、でんでん、高橋和也らが出演。監督は『二重生活』の岸 善幸が務めています。

 BRAHMANは、2015年7月に公開された自身のドキュメンタリー映画『ブラフマン』で主題歌「其限 ~sorekiri~」を手がけているものの、フィクション映画の主題歌を担当するのは本作が初。寺山のファンだというTOSHI-LOW(V)は「街角の小さな本屋で出逢った本に打ちのめされた30年後に、言葉という名の武器と出逢わせてくれたあの人を感じながら、俺達は出逢いの喜びと無情を懸命に歌うだろう」とコメントしています。

最終更新:5/23(火) 16:20
CDジャーナル

Yahoo!ニュースからのお知らせ