ここから本文です

堀江貴文氏 アイドルサイト盗用で「私にも悪評が立つ」と“堀江プロジェクト”にクレーム

5/23(火) 11:04配信

東スポWeb

「堀江貴文アイドルプロデュース プロジェクト」がサイト盗用を認めた問題で22日、実業家の堀江貴文氏(44)がツイッターで見解を明らかにした。

 この問題は、20日に開設された「堀江貴文アイドルプロデュース プロジェクト」のサイトが、「弊社サイトとデザインが酷似どころかソースまで一緒」と、アイドルグループ「星座百景」が21日、公式ブログで指摘したことで発覚。同プロジェクトは堀江氏がプロデュースするとうたい、アイドルの初期メンバーを募るオーディションで、運営する「ゼロ アイドルプロジェクト」は同日、「星座百景のWebサイトの内容から盗用・剽窃していた事実が判明した」として募集を停止し、おわび文を掲載したが、星座百景サイドは「責任者であるプロデューサーの堀江氏がきちんと説明すべき」と、ツイッターで堀江氏に見解を求めていた。

 これに堀江氏は22日夕方、ツイッターで「サイト製作は私とは関係ないところで進められたのでどうにも回答しづらいんですが。。」と前置きし、「私がアイドルプロデュースを頼まれた団体が盗用をしていたという感じ」「私は管理監督する立場にはありません」と説明した。

 さらに「ゼロ アイドルプロジェクト」は自身のオンラインサロン「堀江貴文イノベーション大学校」の有志が結成したものと明かしたうえで「私にも悪評が立つので、そんな盗用行為をするような事はしないでくれとクレーム入れました」と申し入れた。

 星座百景サイドは「プロデューサー自らのお言葉を頂き堀江さん自身も被害者だったという事がわかり納得いたしました。堀江さんの迅速な対応に感謝します」とツイートし“サイト盗用”に決着をつけた。

 一方、「ゼロ アイドルプロジェクト」は「再発防止策などにつきましては、当ホームページ上にて追ってご報告させていただきます」としている。

最終更新:5/23(火) 11:37
東スポWeb