ここから本文です

糸井は休ません! 阪神・金本監督が断言 巨人戦で菅野を撃って復活だ

5/23(火) 6:08配信

デイリースポーツ

 阪神・金本知憲監督(49)が22日、東京から帰阪し、現在20打席連続無安打中の糸井嘉男外野手(35)への信頼を改めて強調した。休ませることなく、23日からの巨人戦(甲子園)も継続起用する考えを明言。カード初戦は菅野との対戦となるが、前回9日は初回に糸井の適時打などで先制して勝利。黒虎ユニホームで戦う今回もチーム一丸となって右腕を攻略する。

【写真】糸井、菅野を打ち砕いた!

 本調子でなくても関係ない。長いシーズン、どうしても調子に波はあり、誰にでも起こり得ることだ。菅野との対戦から始まる23日からの巨人3連戦。金本監督は、変わらぬ信頼と共に糸井を送り出す。

 「20打席打ってないんか?そんな、まだまだ。(休ませることはないかと問われ)休みたがらんもん。『行きます』って言うから。『分かった、分かった』と(笑)。(休むかどうかの)打診というか、そんなに大した話じゃないけどね」

 現在、糸井は5試合にわたって20打席連続無安打中。現状に関して、金本監督は「(技術的に)ズレはあるって、絶対。ピッチャーだって岩貞を見たら分かるでしょ?リリースポイントが1年間、一定(してること)なんてないんだから。打てない時は何をしても打てんよ」と話す。幸い、チーム状態は悪くなく貯金も「10」ある。だからこそ、あまり背負いすぎてほしくない。

 「(糸井自身が)責任は十分に感じてるからね。悔しい思いをしてるし、情けないっていう。それが強すぎても力むし。そのうち、打てるようになるから。間違いなく」

 どれだけ状態が悪くても、これまでと同じ期待を寄せる。前回9日の菅野との対戦では、3試合連続完封中だった右腕から初回に先制打を放ったのが、糸井だった。その試合後、金本監督は「相手が菅野になると、打てるバッターも限られてくると思うんでね」と話している。再び菅野を打ち砕くためにも、糸井の存在は欠かせない。

 また、今回の巨人3連戦では通称「黒虎ユニホーム」を着用。10年に着用した6試合では計60得点を叩き出している。元々1948、49年の大阪タイガース時代の戦闘服であり、藤村富美男らが形成した「ダイナマイト打線」の象徴だったユニホームでもある。

 「(菅野との再戦は)場所を変えてね。向こうは燃えてくるのに、こっちも負けないようにしないと」と金本監督。糸井らが中心となる猛虎打線がホームで姿を変え、チーム一丸となって再び菅野に襲い掛かる。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/22(木) 21:55