ここから本文です

リメイク版『スカーフェイス』新候補に『スーサイド・スクワッド』監督!

5/23(火) 15:50配信

シネマトゥデイ

 映画『スカーフェイス』のリメイク化で、『スーサイド・スクワッド』などのデヴィッド・エアー監督への交渉が進んでいることが、Deadlineによって明らかになった。

主演のディエゴ・ルナ【写真】

 アーミテージ・トレイルによる同名原作は、ハワード・ホークス監督による1932年の『暗黒街の顔役』、アル・パチーノ主演、ブライアン・デ・パルマ監督による1983年の『スカーフェイス』とこれまで2度映画化されている。

 今作では舞台を現代のロサンゼルスにし、暗黒街でギャングがのし上がっていくさまが描かれる予定。主演に、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で一躍世界的に注目されたディエゴ・ルナが決まっている。脚本はジョエル&イーサン・コーエン兄弟らが務める。

 これまで、『最後の追跡』のデヴィッド・マッケンジー監督や『パトリオット・デイ』のピーター・バーグ監督が監督候補に挙がっていたが、ここにきてエアー監督が新候補となった模様だ。

 エアー監督は、ノオミ・ラパス、ウィル・スミス出演のSF映画『ブライト(原題) / Bright』が現在ポストプロダクション中。(鯨岡孝子)

最終更新:5/23(火) 15:50
シネマトゥデイ