ここから本文です

(語る 人生の贈りもの)草間彌生:7 貧乏しのぎ初個展、注目の的に

5/23(火) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■前衛芸術家・草間彌生

 《単色のネット・ペインティングを描き続け、1959年秋にニューヨークでの初個展を開いた》
 貧乏のどん底で、お金がなくて3日間何も食べられないこともありました。ハトが食べ残したパンくずまで食べたことがあったんですよ。
 初個展をやったのは下町の小さな画廊でしたが、無名の絵描きの友人たちも手伝ってくれて。個展ができたときにはみんなが胴上げして祝福してくれたんです。
 誰もやったことない絵を発表して、一躍マスコミも注目して、花形でデビューできたんです。そのあと、ボストンやワシントンでも個展をやって、すごい有名になった。……本文:1,500文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社