ここから本文です

リメイク版「スカーフェイス」監督候補に「スーサイド・スクワッド」デビッド・エアー

5/23(火) 12:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 米ユニバーサル・ピクチャーズが準備を進めているリメイク版「スカーフェイス」の監督候補として、「スーサイド・スクワッド」のデビッド・エアーが交渉中であることがわかった。

 米バラエティによれば、メガホンをとる予定だったアントワン・フークア監督が、スケジュールが重なる「イコライザー」続編を優先するため降板。以降、監督の座が空席になっていたが、ユニバーサルはすでに2018年8月全米公開のスケジュールを組んでおり、まもなくエアーと契約を結ぶと見られている。

 1983年の映画「スカーフェイス」は、ハワード・ホークスの「暗黒街の顔役」(32)をブライアン・デ・パルマ監督がリメイクしたもので、アル・パチーノ演じるキューバ移民の青年が、マイアミの暗黒街でのしあがっていく姿を描いた。脚本をオリバー・ストーンが執筆し、過激な暴力描写とパチーノの鬼気迫る演技で大ヒットを記録。パチーノの代表作のひとつとして知られる。

 今回のリメイク版は、メキシコ人俳優ディエゴ・ルナ(「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」)が主演。ジョエル&イーサン・コーエン兄弟、テレンス・ウィンター(「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」)、ジョナサン・ハーマン(「ストレイト・アウタ・コンプトン」)が脚本を手がけており、ロサンゼルスを舞台にメキシコ移民の主人公を描く。

最終更新:5/23(火) 12:00
映画.com