ここから本文です

【ホンダ】ニッキー・ヘイデンの逝去について公式声明を発表

5/23(火) 18:18配信

TopNews

23日(火)、ホンダがニッキー・ヘイデン逝去の訃報を受け、公式声明を発表した。

■トレーニング中の事故

●【画像9枚:ホンダ】ニッキー・ヘイデンの逝去について公式声明を発表

スーパーバイク世界選手権にRed Bull Honda World Superbike Teamから参戦中のニッキー・ヘイデン選手(アメリカ35歳)は、イタリアのイモラサーキットで開催された第5戦後に同国リミニ近郊で自転車トレーニング中、自動車との接触事故に遭い、地元の病院に緊急搬送されました。

その後、リミニ近郊の病院からチェゼーナにあるマウリツィオ・ブファリニ病院の集中治療室に移され、医師団が懸命の治療を続けましたが、現地時間5月22日19時9分に逝去されました。

■モータースポーツ一家に生まれたニッキー・ヘイデン

米国・ケンタッキー州出身のニッキー・ヘイデン選手は、モータースポーツ一家に生まれたことで幼少期からレース活動に親しみ、1999年に全米選手権であるAMAのスーパースポーツクラス(600cc)でチャンピオンを獲得。2002年にはAMAスーパーバイククラスにおいて史上最年少でチャンピオンを獲得しました。

■世界最高峰MotoGPでチャンピオン獲得

2003年に、HondaのワークスチームであるRepsol Honda Teamから世界最高峰のMotoGPクラスにデビュー。2006年シーズンには最終戦まで激しい争いの末、年間チャンピオンを獲得しました。

2016年からはスーパーバイク世界選手権へ参戦し、年間総合5位を獲得。この年の鈴鹿8時間耐久レースにもMuSASHi RT HARC-PRO.から参戦するなど、豊富なキャリアを活かしたベテランとして今後の活躍が期待されるライダーでした。
ヘイデン選手に対して心から感謝するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。

■八郷 隆弘 本田技研工業株式会社 代表取締役社長のコメント

「ニッキー・ヘイデン選手の逝去の報に接し、大きな驚きと悲しみを感じています。

ヘイデン選手は早くからロードレース界で活躍し、2006年にはHondaのワークスライダーとしてMotoGPでタイトル獲得を果たすなど、Hondaの二輪レース活動に大きく貢献してくださいました。アグレッシブな走りや明るい人柄は多くのファンを魅了しました。

これまでのHondaライダーとしての多大な功績に感謝するとともに、ニッキー・ヘイデン選手ならびにご家族に対し、謹んで哀悼の意を表します」

■2006年MotoGP最終戦でチャンピオンを獲得。ライバルはバレンティーノ・ロッシ

ニッキー・ヘイデンは2006年MotoGP最終戦、選手権をリードしていたバレンティーノ・ロッシに勝ち、逆転でチャンピオンを獲得した。

最終戦を前にしたポイントランキングでは、シリーズ終盤の追い上げで逆転したロッシが244ポイント、ヘイデンは236ポイントでロッシ優勢だった。しかし、最終戦で3位に入ったヘイデンは16ポイントを獲得して合計252ポイントに伸ばし、自身初のMotoGPチャンピオンに輝いた。ロッシは最終戦で転倒、3ポイントを獲得したものの合計247ポイントだった。

最終更新:5/23(火) 18:18
TopNews