ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】モナコはさらなる進歩を示すチャンスになるはず

5/23(火) 18:58配信

TopNews

マクラーレン・ホンダのエリック・ブーリエ(レーシングディレクター)が、モンテカルロ市街地サーキットで行われる2017年F1第5戦スペインGP(28日決勝)に向けて次のように語った。

●【車載映像:インディ500予選】フェルナンド・アロンソ「驚き、達成感、喜び」ブースト圧トラブルも初予選で5位を獲得

■エリック・ブーリエ(レーシングディレクター)

「モナコGPはF1レースの中でも“王冠にちりばめられた宝石”(特に素晴らしいものの意)だと形容されることがあるが、その理由は明白だよ。テレビで見ても見どころ満載だし、伝統的にスケジュールが1日前倒しされて金曜日が“休息日”となることでモナコ公国では常に週の早い段階から大勢のワクワクした人たちでにぎわうことになるんだ」

「もちろん、マクラーレン・ホンダにとって、今年の5月最後の週末はいつもよりもさらに重要なものとなる。近年では初めて世界の両側で2つのチームを応援することになる。フェルナンド(アロンソ)がマクラーレン・ホンダ・アンドレッティから初めてインディ500に参戦するのだからね」

「そして有名なモナコのパドックでは、ジェンソン(バトン)の復帰を歓迎することになる。我々の誰もがまた彼と仕事ができるのを楽しみにしている。彼はすでにフェルナンドの代理として素晴らしい仕事をしてくれており、我々のシミュレーターですでに必要な準備を終えているよ」

「現場に目を向ければ、我々は今週末のクルマにさらに改良を施すことになる。それによって、スペインで目にしたことが前向きなフィードバックとして戻ってくることを期待している。あそこ(スペイン)での結果にかかわらず、我々は自分たちが果たしている進歩に勇気づけられているし、モナコでは最近のレース以上のパフォーマンスを示すチャンスが訪れることを期待しているよ」

「もちろん、一番の目標は2台のクルマがどちらもレースを完走することだし、よりよい結果を得るために戦うチャンスが生まれるよう可能な限り最高の戦略を展開したいと思う。モナコでは確実なことなど何もないし、どんなことだって起こりえるからね」

最終更新:5/23(火) 18:58
TopNews

Yahoo!ニュースからのお知らせ