ここから本文です

相葉主演「月9」第6話視聴率ワースト7・5% 広末出演で巻き返せるか

5/23(火) 12:14配信

東スポWeb

 人気アイドルグループ「嵐」の相葉雅紀(34)が主演を務めるフジテレビ“月9”ドラマ「貴族探偵」の第6話が22日に放送され、平均視聴率が7・5%を記録したことが23日、分かった。

「貴族探偵」は相葉扮する素性不明の貴族探偵が執事や運転手、メイドに推理を任せ、謎を解き明かすミステリードラマ。不振が続く“月9”枠だが、30周年の記念作品とあって、相葉以外にも武井咲(23)、井川遥(40)、中山美穂(47)、仲間由紀恵(37)ら主演クラスをズラリ揃えた。

 視聴率は初回こそ11・8%と2桁をマークしたが、第2話8・3%→第3話9・1%→第4話8・9%→第5話8・0%と低空飛行。今回はさらに0・5ポイントダウンし、同ドラマの最低記録を更新した。

 低迷が続くが、第7話ではかつて同枠で放送された「ビーチボーイズ」(1997年)に出演し、大ブレークした女優・広末涼子(36)がゲストとして登場。広末は「ガリレオ」第3話(2007年10月29日放送)以来10年ぶりの月9出演となる。

 久々の月9に広末は、ドラマの公式サイトで「錚々(そうそう)たるメンバーが集結する終盤の謎解きのシーンは、役者としてあの場にいたら、きっとすごく楽しいだろうなぁ、と視聴者として拝見していました。そんな折、出演依頼をいただき、驚きと共に期待感を膨らませています」とコメントした。

 同枠の“レジェンド女優”投入で、低迷を打破できるだろうか。

(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

最終更新:5/23(火) 12:40
東スポWeb