ここから本文です

娘が自殺 ザック・スナイダー監督『ジャスティス・リーグ』降板

5/23(火) 20:10配信

シネマトゥデイ

 アメコミ大手DCコミックスのヒーローが集結する大作映画『ジャスティス・リーグ』を手掛けるザック・スナイダー監督が、製作途中の同作から降板すると明かした。今年の3月に大学生だった20歳の愛娘オータム・スナイダーさんが自殺していたといい、その悲しみを癒すため、家族とすごすことを決意したという。

【動画】『ジャスティス・リーグ』予告編

 降板は、スナイダー監督が、本作の製作・配給を手掛ける米ワーナー・ブラザース内のオフィスで The Hollywood Reporter ほか各メディアに直接明かしたもの。当時、オータムさんの死は一部の関係者のみに知らされ、スナイダー監督は2週間ほどの休養を経て現場に復帰したが、2か月を経て降板を決意。娘の死を公にするつもりはなかったが、決定を受けてメディア向けに発表した。

 後任は、マーベル映画『アベンジャーズ』シリーズを手掛けたジョス・ウェドン。ワーナーは予定していた公開時期を遅らせてスナイダー監督の復帰を待つことも提案したそうだが、スナイダー監督自身が、11月17日の全米公開に間に合わせるべく、ジョスに後を任せることに決めたという。

 スナイダー監督の妻で、今回の悲劇を受け夫と共に現場を離れるプロデューサーのデボラ・スナイダーによると、撮影はいくつかの追加シーンを残してほぼ終了しており、ジョスはスナイダー監督のたてた演出プランにそって映画を完成させることになる。作品についてデボラは「この悲劇を経てもなお、素晴らしい映画になると信じています」と語っている。

 映画『マン・オブ・スティール』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を手掛けるなどDC映画の中心を担ってきたスナイダー監督だが、復帰時期は未定。バトンをたくされたジョスはこの後、DCの女性ヒーロー、バットガールの単独映画を手掛ける予定になっている。(編集部・入倉功一)

最終更新:5/23(火) 20:30
シネマトゥデイ