ここから本文です

『ブレイドアンドソウル』市来光弘さんとみゃこさんも駆けつけた! 3周年記念の公開生放送をリポート

5/23(火) 16:37配信

ファミ通.com

文・取材:ライター ぱんちょ、撮影:編集部 ミス・ユースケ

●みんなで祝う3周年!
 縦横無尽に駆けめぐる超爽快なアクションが楽しめるPC用MMORPG『ブレイドアンドソウル』。2017年5月20日、エヌ・シー・ジャパンは本作のサービス開始3周年を記念した公開生放送イベント“ブレイドアンドソウルLIVE 3周年スペシャル”を東京・銀座のマンガネット・ダーツ館 銀座店で開催した。

 メインMCは、本作のボイスドラマで“双舞天皇ダラス”役を務めた声優の市来光弘さん。ゲストにはジャパンチャンピオンシップ2016のアシスタント経験もある人気コスプレイヤーのみゃこさんが登場。さらに、ゲーム運営とサポートを担当するFS(ファンサポート)から、FSグラウカ氏、FSシャポロ氏、FSジハンキ氏が参加し、会場へ駆けつけたユーザーたちとさまざまな企画で交流しながらイベントを盛り上げた。

 その模様はYouTube Liveでも生配信され、会場の外からイベントを楽しむ多くの視聴者コメントが寄せられた。

 ちなみに、市来光弘さんは過去の生放送でMCを務めていたナリム・ソユ役の声優、井ノ上奈々さんと夫婦の間柄で、今回は奈々さんと入れ替わる形のMC担当となった。冒頭では「なぜ僕がこんな大舞台にいるんでしょうか!」と疑問を投げかける市来さんに対し、FS陣が「それは運命です!」と返す一幕もあり、にぎやかなムードでイベントはスタートした。ここからは、イベントの内容をリポートしていこう。

※関連記事
『ブレイドアンドソウル』3周年イベント新情報まとめ。新エリア&レベル上限解放! 新職業も開発中!

●“カワイイ”が猛威を奮ったアンケート
 まずは公式サイトで事前募集をしていたアンケートの結果を発表。好きなキャラクターから追加してほしい職業まで、バラエティ豊かなユーザーの声が明らかとなった。


【1番好きなNPC】

''【1番好きな衣装】''
【1番好きな守護石(ペット)&追加してほしい守護石】

【1番好きな武器外見&追加してほしい武器外見】

 キャラクターや見た目の人気は、総じて女性キャラクターにまつわるものが多くの支持を集めた。キュートなビジュアルに注目が集まるのはオンラインゲームによくあることだが、アクション性が高くモーションが豊かな本作においては、より関心度が高くなっているようだ。

 一方で、武器外見ではエフェクト付きの派手なものと並び、シンプルなものが望まれていたことも興味深い。ちなみに、好きなNPCの7位にはナリム・ソユがランクインしていたが、そのうち1票は市来さんが投票していたことも明かされていた。

【追加してほしい職業】

【他キャラクター閲覧機能について】

 追加してほしい職業は、ゲーム内に登場するものの、プレイヤーが使えない武器を扱う職業に期待の声が高まった。こちらは今後のアップデートでどう反映されるかが楽しみだ。

 また、すでに韓国サーバーでは実装されている、ほかのプレイヤーの装備をチェックできる機能には実装反対がほぼ半数を占めた。賛成、反対どちらの意見にも“閲覧可否をON/OFFできる機能がほしい”というものが多かったとのことだ。

●地名穴埋めではみゃこさんの記憶力が炸裂!
 つぎに行われたのが、ゲームに登場する大都市“江流都”を題材にしたクイズ。地図のパネルに正しい地名を当てはめていくというルールで、みゃこさんと来場者から立候補した挑戦者が視聴者プレゼントをかけて1対1で対決することになった。

 見慣れたホームグラウンドということもあり、挑戦者は17個中11個正解というなかなかの好成績を残す。しかしながら、イベント前の暗記が頼りと不安げに対峙したみゃこさんが15個正解というまさかの展開に。驚異的記憶力を発揮したみゃこさんを前に惜しくも敗退した挑戦者だったが、その健闘を称えて視聴者プレゼントが贈呈された。

●ダンジョン踏破チャレンジではラストに悲劇が……!?
 続いては、ゲームにログイン中のプレイヤーと協力してプレゼントを賭けた“特別試練”に挑戦。このコーナーから登壇したFSジハンキ氏とグラウカ氏がそれぞれユーザーと即席でパーティーを組み、制限時間内にインスタンスダンジョンの連続クリアーを目指していく。ラストはFS2名が合流してひとつのダンジョンを攻略するという流れだ。

 ここでシャポロ氏の提案により、グラウカ氏のキャラを市来さん、ジハンキ氏のキャラをみゃこさんが操作することに。「そんなの台本にないよ!」、「全然自信ないですが大丈夫ですか!?」と抗議するもノリノリで参戦したふたりに対し、ゲーム内ではパーティー参加希望者が続出。あっという間にパーティーが結成され、特別試練の火蓋が切って落とされた。

 くじ引きにより、市来組は“沈黙の海賊船”と“悲嘆の雪獄宮”、みゃこ組は“雪人の洞窟”と“鬼門館の悪夢”を攻略することに。いずれも多彩なギミックと屈強なモンスターが待ち受けるダンジョンではあるのだが、相対するパーティーメンバーはいずれも歴戦の強者ぞろい。プレイ経験はあるものの不慣れな市来さんとみゃこさんを、即席パーティーとは思えない圧倒的なパワーをもってエスコートしてくれた。

 順調過ぎる勢いで課題のダンジョンを踏破し、ついにラストのナル聖地に突入。ゲーム内屈指の高難度ダンジョンということもあり、ここからはグラウカ氏とジハンキ氏が操作する万全の状態で踏破に挑んだ。

 序盤ボスの攻略ギミックを難なくこなし、スムーズにダンジョンを進むパーティーにクリアを確信する一同だったが、最終ボスとの戦闘中にグラウカ氏が戦闘不能になったことをきっかけにギミック処理に失敗。またたく間にパーティーが全滅してしまった。一瞬のミスが命取りとなる厳しさは、流石高難度ダンジョンといったところだ。

 すかさず再挑戦! といきたいところだったのだが、あえなく制限時間を迎えてしまい、特別試練は失敗に終わってしまった。しかしながら、ユーザーに責任はないということで、ここでもアイテムがプレゼントされるうれしい結果となった。

 なお、今回の特別試練では、FSが周囲のプレイヤーに強化状態を付与できる新機能“FSバフ”が披露された。FSバフは特別試練後、イベント終了までFSの周囲に集まったプレイヤーへ順次付与されていたが、今後もゲーム内でFSに出会ったプレイヤーには積極的に付与していくとのこと。シャポロ氏は「バフくれ、だけチャットして立ち去るのは寂しいからやめてね(笑)」と釘をさしていた。

●超難問がプレイヤーに立ちはだかる!
 続くコーナーは本作のローカライズを担当し、スタッフ随一のブレソ愛を誇る金田氏特製のクイズに挑戦する“ブレソの穴”。回答者は来場者から代表者が選出されたほか、公式Twitterのアンケート機能でも回答が募集された。

 さらなるご褒美アイテム獲得をめざし奮起する回答陣だったが、出題された問題はいずれもクエストに登場する細かいフレーバーテキストを紐解く、かなりニッチな難易度。Twitterアンケートと来場者が一致した回答が不正解になるなど、波乱の展開に会場全体が息を飲んだが、なんとか目標正解数を達成してプレゼントをゲットすることができた。

●一問一答でプロデューサーを直撃!
 イベントのラストは、本作のプロデューサーであるグラウカ氏に来場者が質問を投げかける一問一答コーナー、今後のアップデート情報の発表で締めくくられた。一問一答は制約や事前確認なしの自由な形式で敢行。戦々恐々とするグラウカ氏を前に、興味津々の来場者からは以下の質問が飛びだした。

【Q1.】名前のみゲーム内に存在する宝石の“勾玉”はいつ実装される?
【A1.】現状まだ実装予定はないが、今後も宝石自体は新しいものがどんどん増えていくので、登場する可能性はあります。ただし、性能もまだまだ企画中なので待っていてください。

【Q2.】エモーションの追加やハウジングは実装される?
【A2.】ハウジングはサービス前の企画段階で構想はありましたが、いまのところ実装予定はありません。エモーションについては、これまで通り衣装に付随するものを含めて順次追加していくのでお楽しみに!

【Q3.】ゲーム内の“タンス”では日本以外の地域で配信された衣装も確認できるが、日本に実装される予定はある?
【A3.】いくつかある衣装のうち、ひとつは実装の要望を本社に提出したことがあります。ただし、正確な実装予定はまだ決まっていない状態です。

【Q4.】邪術士の武器外形に納刀時の鞘状態が見えるものを加えてほしい!
【A4.】わかりました! そのまま要望を伝えておきます!

 続けて、今後のアップデート情報が一挙公開。新エリア“西落”やレベルキャップ開放、新職業の実装が伝えられた。さらにサプライズ発表として、日本選手権と世界選手権の開催も決定された。こちらは先日の記事にまとめてあるので、詳細はそちらで確認してもらいたい。

※関連記事
『ブレイドアンドソウル』3周年イベント新情報まとめ。新エリア&レベル上限解放! 新職業も開発中!

 こうして幕を閉じた3周年記念イベント。来場者だけでなく、ゲーム内プレイヤーや生配信の視聴者も一丸となって楽しんだ3周年のひとときからは、多くの『ブレイドアンドソウル』愛を濃密に感じることができた。生放送の模様はYouTubeのエヌ・シー・ジャパン公式チャンネルでも全編配信されているので、見逃した方はぜひチェックしてほしい。

ブレイドアンドソウル3周年生放送はこちら

最終更新:5/23(火) 16:37
ファミ通.com