ここから本文です

東京五輪マスコット 来夏決定 しょこたん「心揺るがすキャラクターを」

5/23(火) 6:08配信

デイリースポーツ

 20年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、一般公募する大会マスコットの応募要項を発表。8月1~14日に大会公式サイトで募集する。審査、商標調査などを経て、12月初旬に最終候補作品(3~4つ)を発表。全国の小学生によるクラス単位の投票で、18年3月までにデザインを決定する。ネーミングの選考を経て、同年夏に正式発表となる。

【写真】しょこたん、ドラクエのキャラクターコスプレ披露

 この日はマスコット審査会の第1回会合が行われ、タレントの中川翔子は「日本には海を越え、世代や言語も超えて、愛されるキャラクターがいます。心を揺るがすキャラクターをお待ちしています」と、呼びかけた。

 大人気漫画『Dr.スランプ』のDr.マシリトのモデルとなった元少年ジャンプ編集者の鳥嶋和彦氏(現白泉社社長)は「小学生は大人が嫌いなものが好き。アラレちゃんのうんちが代表的。子供と大人の感覚の違いをどう埋めていくか。リオ(五輪)にマリオが迎えにいった以上、東京でダサいキャラクターが出迎えるわけにはいかない」と、力を込めた。