ここから本文です

【U-20W杯】久保建英 卓球でリラックス

5/23(火) 16:45配信

東スポWeb

【韓国・水原22日発】U―20W杯1次リーグD組で白星発進の日本は、南アフリカ戦(21日)に先発したFW小川航基(19=磐田)や途中出場のFW久保建英(15=FC東京U―18)らが宿舎で調整し、初戦のサブ組は練習を行った。GK波多野豪(18=FC東京)は「(初戦勝利に)雰囲気は最高です」と話した。

 宿舎では選手それぞれが余暇の時間を過ごしているが、波多野はクラブでもチームメートの久保と卓球で盛り上がっているという。「久保はうまいんですよ。みんなはゲームしたりしてますけど、卓球でリラックスできていますね。コミュニケーションもしっかり取れています」と、ムードは高まっている。

 2戦目(24日)のウルグアイ戦に向けては「南アフリカよりも球際が厳しい」(波多野)と警戒する。特に10番のFWロドリゴ・アマラル(20)のパフォーマンスを脅威とし、チームで対策を検討中。勝てば決勝トーナメント進出が決まる可能性もあり、イレブンは気を引き締めている。

最終更新:5/23(火) 16:45
東スポWeb