ここから本文です

韓国LCCのチェジュ航空 仁川発の日本路線を増便=6月から

5/23(火) 17:28配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の格安航空会社(LCC)、チェジュ航空は23日、仁川国際空港発の東京、大阪、福岡路線を6月から増便すると発表した。

 同社は、韓国と日本を行き来する旅行客が増加しており、6月に早めの夏休みを計画している乗客のために日本の主要都市をつなぐ航空便の運航回数を増やすことにしたと説明した。

 仁川―東京路線は週28往復から31往復に、仁川―大阪路線は週28往復から32往復に、仁川―福岡路線は週17往復から20往復に増やす。

 チェジュ航空の6月の仁川―福岡路線の予約率は前年同月より10ポイント高い。1年前に比べ座席供給量を76%増やしたが、予約率はさらに高くなったという。

 また、同社が韓国観光公社発表の2012年から16年6月までの韓国人出国者数を比較した結果、年平均12.5%増加したと伝えた。

 同社の関係者は「夏のピーク時より費用を節約し、混雑を避けるため6月に夏休みを取る顧客が増えている」と述べ、「合理的な消費を志向するトレンドと合致し、航空旅行市場の需要分散効果をもたらしている」と分析した。

最終更新:5/23(火) 20:34
聯合ニュース