ここから本文です

「危ない! 扉の向こうに人がいる!」ライトで知らせる新商品

5/23(火) 14:31配信

ITmedia NEWS

 扉の反対側に人がいることをセンサーで感知し、ライトの点滅で知らせる「扉につけるお知らせライト」を、キングジムが6月16日に発売する。8000円(税別)。

【画像:センサーの検知範囲】

 オフィスや商業施設などで、扉を開けたら反対側に人がおり、扉にぶつかってしまう……という事故を避けるための商品。

 扉の向こう側に人がいることを人感センサーで感知すると、扉の手前側のライトが点滅して知らせる。マグネット式で扉を挟むように取り付ける仕様で、両面に磁石が付く鉄扉専用。

 ライトの意味を説明するパネルが付いており、「あぶない」とイラスト入りで知らせるシートと、「点滅したらドアに注意」と文字だけで知らせるシート、自由に書き込める無地のシートの3つを使い分けられる。

 センサーの感知距離は、本体に向かうときが最大約1.5メートル、本体の正面を横切るとき最大約4メートル、電池寿命は約6か月(1日あたり30回感知時)。

最終更新:5/23(火) 14:31
ITmedia NEWS