ここから本文です

オリックス・奥浪、免停中に人身事故で無期限謹慎処分

5/23(火) 16:15配信

デイリースポーツ

 オリックスは23日、奥浪鏡内野手(21)が22日19時30分ごろに大阪市内で同内野手が運転する車両が2人乗りのバイクに接触する人身事故を起こしたと発表。奥浪は17日に30日間の運転免許停止処分を受けており、球団では処分期間中の事故という事態を重く見て無期限の謹慎処分を通告した。

【写真】免停中に人身事故を起こした奥浪

 長村球団本部長は「日ごろからコンプライアンスについて注意喚起を厳しくしてきたが、こういうことになり、被害者の方に心よりお詫びしたい。また球団関係者、球界関係者の方に多大なるご迷惑をお掛けしました。プロ野球人の前に社会人としての常識。非常に残念。申し訳ない気持ちです。奥浪は免停の報告義務も怠っており、野球の練習もやらせない。寮内で寮長の指導の下、奉仕活動をさせる。ルールを破って事故を起こしたという事実を重く受け止めてやっていきたいと思います」と厳しい表情で話した。

 奥浪は寮近くのコンビニエンスストアに買い物に行く途中、左折した際にバイクを巻き込んだという。バイクに乗車していた男女に大きなケガはなかったもよう。

 奥浪は球団を通じて「このたびは私の一社会人としての自覚に欠けた軽率な行動により、被害者の方へ多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。ならびにファンの皆様、関係者の皆様をはじめ多くの皆様にご迷惑をおかけしておりますこと、重ねて深くお詫び申し上げます。第1におけがをされた被害者の方へ、誠意を持って対応して参ります。このたびは大変申し訳ありませんでした」とコメントを発表。

 奥浪は岡山・創志学園から2014年にオリックスに入団。15年にはウエスタンリーグでチーム最多の8本塁打50打点をマーク。昨シーズンは初の1軍昇格も果たした。