ここから本文です

宇良が10日目で勝ち越し、2敗を守る「こんなに早く勝ち越せるとは」

5/23(火) 16:58配信

デイリースポーツ

 「大相撲夏場所・10日目」(23日、両国国技館)

 西前頭10枚目の宇良(24)=木瀬=が魁聖を切り返しで下し、今場所の勝ち越しを決めた。立ち合い低く当たり、肩すかしで大きな相手をほんろう。最後は左足を相手の右足に掛ける形で倒した。宇良は身長174センチ、体重137キロ。対する魁聖は195センチ、191キロ。小兵が巨漢力士を破り、館内に大声援を巻き起こした。

【写真】“業師”宇良の切り返し

 10日目で勝ち越しを決めた宇良は「こんなに早く勝ち越せると思ってなかったので、うれしく思います。無我夢中で相撲をやっていたので、よく覚えてないが、よく反応できた」と振り返った。

 今場所の好調の要因については、「気持ちを強く持って、前に出ることができているのがいいことかな」と分析。三賞も視野に入ってきたが、「まだ、終わってないので意識しない方が…。一日一番頑張りたいと思います」と無欲を強調していた。