ここから本文です

DeNA山崎康、三上がナイター前に“訪問授業”

5/23(火) 17:07配信

デイリースポーツ

 DeNA・山崎康晃投手と三上朋也投手が23日、横浜市立篠原小学校の6年生を対象に“訪問授業”を行った。球団が横浜市、横浜市教育委員会事務局と協力し、子どもたちに対して夢を持つことの大切さを教えるプロジェクト「星に願いを」を実施。“先生役”の両選手は夢を持つきっかけや、それぞれがプロ野球選手になるまでの過程を伝えた。

 三上は「小学1年生から野球を始めましたが、毎日練習していました。うまくなるためにどんな練習をしたらいいのか、何で失敗してしまったのかなど、野球についてよく考えていました」とアドバイスし、山崎康は「練習はつらいけど毎日やっている。野球が好きだということが続けられるコツかな。諦めず、夢をかなえてください。応援します」と笑顔でエール。

 子どもたちとの記念撮影を終えると、拍手と歓声を浴びながら中日戦が行われる横浜スタジアムへ移動した。