ここから本文です

獅童×ミクの超歌舞伎「花街詞合鏡」、Eテレで放送決定 ニコ生のコメントも放送される初の試みも

5/23(火) 19:24配信

ねとらぼ

 「ニコニコ超会議2017」で上演された、中村獅童さんと初音ミクが共演する新作歌舞伎「花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)」が、6月9日にNHK Eテレの番組「にっぽんの芸能」で放送されます。画面にニコニコ生放送に書き込まれたコメントが流れるなど初の試みも行われる予定です。

【超歌舞伎の上演時の写真】

 「花街詞合鏡」は、2016年からニコニコ超会議で実施している「ニコニコ超歌舞伎」の2作目。舞台上で初音ミクをAR技術でリアルに再現したり、役者をリアルタイムで抜き出して別の場所に立体的に投影したりと、最先端の技術を使って新時代の新歌舞伎を熱演しました。同作がテレビで放送されるのは初。

 またニコニコ超会議の舞台では、ニコニコ生放送で中継時に書き込まれたコメントが舞台上の巨大画面に投影されました。今回Eテレでは、この際のコメントも番組で放送するとのこと。テレビ番組で約50分もの間、映像とともにニコニコのコメントが放送されるのは初の試み。「リアルタイムで書き込まれたコメントは、まさに現代版の“大向こう”」とNHK公式サイトは告知しています。

 放送時間は6月9日23時から23時54分まで。司会として女優の石田ひかりさん、アナウンサーの秋鹿真人さんも登場します。

最終更新:5/23(火) 19:24
ねとらぼ