ここから本文です

女性版ジュノンコンテスト、3年ぶりに開催 グランプリには賞金100万円ほか7大特典

5/23(火) 12:38配信

デビュー

 武田真治、小池徹平、溝端淳平、三浦翔平、菅田将暉ら数々の男性スターを送り出してきた歴史あるコンテスト「JUNON SUPERBOY CONTEST」の女性版として、2012年にスタートした「JUNON」による新たな女性スター発掘コンテスト「GRIFFIN presents JUNON produce Girls CONTEST 4th」が3年ぶりに開催される。募集するのは12歳から22歳までの女性。グランプリには賞金100万円のほか、映画・ドラマ、JUNON誌面、TV番組、CM、ショー出演など7大特典が贈られる。

【写真】前回大会の模様。応募要項へのリンク。

 88年の初開催以来、武田真治、伊藤英明、小池徹平、溝端淳平、三浦翔平、菅田将暉などの数々の男性スターが輩出している「JUNON SUPERBOY CONTEST」。その後も稲葉友、上遠野太洸、佐野岳、西銘駿ら、若手俳優の登竜門として広く知られている。

 その女性版である「JUNON produce Girls CONTEST」は、初の試みにも関わらず、第1回の応募総数は7533通、第2回では9893通、前回は応募総数10821通と回を重ねる毎に規模を拡大。第3回グランプリの染谷有来は、CMやドラマ・映画などで活躍を始めるなど、女優やタレントを輩出している。

 2017年のテーマは「はじめよう!夢への一歩!君の笑顔が世界を変える!」。グランプリには7大特典が用意されており、賞金100万円(他薦の場合は推薦者に30万円)をはじめ、映画出演、ドラマ出演、JUNON出演、番組レギュラー出演、CM・広告出演、ファッションショー出演など、合格後すぐに活躍の場が与えられる。応募は自薦、他薦不問応募方法の詳細は、オーディション情報サイト「デビュー」に掲載されている。

最終更新:5/23(火) 12:38
デビュー