ここから本文です

吉本興業、台湾にコンテンツ発信拠点をオープン 第一弾は渡辺直美の展示イベント

5/23(火) 16:40配信

オリコン

 吉本興業株式会社と株式会社MCIPホールディングスは23日、台湾・台北の1914華⼭クリエイティブパークに、日本のさまざまな文化を台湾カルチャーと融合させ、日本、アジア、そして世界へと発信していくコンテンツ発信拠点『華山Laugh&Peace Factory』を5月27日にオープンすることを発表した。第一弾コンテンツとして、27日より体験型展示イベント『渡辺直美展Naomi’s Party in TAIPEI』を開催。きょう、同所で行われた概要発表会に出席した吉本興業の大崎洋社長は「これを機会に台湾と日本がいろんな文化交流をして、いろんな機会ができたらと思います」とあいさつした。

【写真】「H.H先⽣」とのコラボも!渡辺をイメージした美美ちゃん

 株式会社MCIPホールディングスは2014年、クールジャパン機構と民間7社(電通、ドワンゴ、スペースシャワーネットワーク、ソニー・ミュージックエンタテインメント、滋慶学園グループ、イオンモール、吉本興業)がアライアンスを組み設立。タイ、インドネシア、中国、台湾、韓国、ベトナム、マレーシア、フィリピンなど、日本を含むアジア全域で、現地と日本のコンテンツの相互交流を図るとともに、アイドル事業や番組・イベント制作、住みます芸人の活動など、多岐にわたる分野でコンテンツを発掘、育成し、事業を展開している。

 一連の海外・アジアでの取り組みの一環として実現した『華山Laugh&Peace Factory』では、海外の法人として初めて華山1914クリエイティブパークと5年間の長期賃貸契約を締結した。クールジャパンカルチャーを台湾に運び、華山に集う新たな才能やクリエイターと手を取り合って現地の文化や伝統と融合させる。台湾はもちろん、日本、アジアや世界に展開していく。

 27日より開催される『渡辺直美展Naomiʼs Party in TAIPEI』では、日本で12万人が来場した「Naomiʼs Party」に、台湾オリジナルコンテンツを取り入れた展示を追加しているほか、台湾の人気イラストレーター「H.H先⽣」とのコラボレーション企画も実施する。

 大崎氏は「渡辺直美ちゃんは、所属している芸人たちのなかでも世界にデビューできる逸材だと思っています。崋山で初日の催しものをしてくれるのが僕はすごくうれしい」と期待を寄せた。

 概要発表会には、クールジャパン機構 執行役員の橋本泰氏、華山クリエイティブパーク 王栄文 董事長が出席。橋本氏は「渡辺直美さんをはじめとして、さまざまな方がこの場を通じて台湾に発信していって、日本と台湾の文化の架け橋になることを願っています」と話した。

最終更新:5/23(火) 16:43
オリコン