ここから本文です

<話題>ロボットやドローンの普及を加速へ、新たな研究開発を推進

5/23(火) 8:27配信

モーニングスター

 ロボットやドローンの利活用分野の拡大のための技術開発、制度設計、標準化などに向けた動きが活発化するなか、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)は、物流、インフラ点検、災害対応などで活躍が期待できるロボットやドローンの普及を加速させるため、新たな研究開発を進めるとした。

 研究開発として、ロボット・ドローンの性能評価基準等の研究開発や、無人航空機の運航管理システムおよび衝突回避技術の開発、ロボット・ドローンに関する国際標準化の推進などを行う。性能評価基準等の研究開発では、各種ロボット(無人航空機、陸上ロボット、水中ロボットなど)の性能評価基準を、分野およびロボットごとに策定する。無人航空機の運航管理システムの開発では、NEC <6701> やNTTデータ <9613> 、NTTドコモ <9437> 、楽天 <4755> が安心・安全で効率的な物流などのサービスを実現する運航管理システムの研究開発を進める。KDDI <9433> は、警備業務に対応した運航管理機能の研究開発を行う。SUBARU <7270> 、日アビオ <6946> 、三菱電機 <6503> は、準天頂衛星システムを利用した無人航空機の自律的ダイナミック・リルーティング技術の開発を目指す。

(モーニングスター 5月22日配信記事)

チャート

NTTデータ9613
1226円、前日比+2円 - 7/27(木) 15:00

チャート

NTTドコモ9437
2582円、前日比+6円 - 7/27(木) 15:00

チャート

楽天4755
1347円、前日比+2円 - 7/27(木) 15:00