ここから本文です

富山を描いた日本画家 大島秀信さんの作品一堂に/富山

5/23(火) 21:05配信

チューリップテレビ

 立山など富山の自然を叙情的に描いた日本画家、大島秀信さんの回顧展が富山市で開かれています。
 23日から県民会館で始まった展覧会には、大島さんが日展で初めて特選を受賞した作品『樹蒼』など、およそ90点が展示されています。
 富山市生まれの大島秀信さんは、若い頃、昭和を代表する日本画家・東山魁夷に師事。
 17歳の頃から立山など県内の風景を中心に『自然との共生』をテーマに描き続け、3年前、86歳で生涯を閉じました。
 大島さんの作品は風景を写実するだけでなく独自の詩情を働かせて描かれ、叙情的な作風となっています。
 この展覧会は、今月28日まで開かれています。

チューリップテレビ