ここから本文です

東京五輪ソフトボール復活、宇津木監督が語る福島開催への想い

5/23(火) 13:30配信

AbemaTIMES

(c)AbemaTV

 2020年の東京オリンピックでソフトボールが復活し、開幕戦が福島で行われる。ソフトボール女子日本代表チームは北京大会以来の金メダルを目指す。

 ソフトボール女子日本代表の宇津木麗華監督は、オリンピックのソフトボール復活について、まるで宝くじの一等賞が当たったような特別な思いがあるという。「東北の皆さんのがんばりがあって勝ち取った大会なので、逆に皆さんの勇気をもらって、自分たちがしっかりやっていく」と、福島で開幕戦を迎えるにあたっての想いを話した。

 また宇津木監督は勝敗について、最後は“執念”で差がつくと話す。「福島で開幕戦を迎えるということをしっかり考えて、いいスタートが切れれば最後は優勝できると思っています。金メダルはわからないが、銀と銅を持っているので、残りは金しかない。そういう意味では金メダルを取りに行かなきゃいけないという気持ではあります」と、金メダル獲得への意気込みを語った。

(Abema One Minute Newsより)

最終更新:5/24(水) 15:04
AbemaTIMES