ここから本文です

7連勝中のアウトサイダー70-75級王者がZSTライト級王者に再度挑戦表明!

5/23(火) 0:40配信

バトル・ニュース

 21日、ディファ有明にて『THE OUTSIDER 第46戦』が開催された。セミファイナルでは【アウトロースナイパーリアル神代ユウ】佐野哲也が【世界最強セキリュティ ALSOK浜松 総大将】大木翔の再戦を受けるも判定勝利し王座防衛。
 勝利した佐野は「彼すごく強くなってました。彼は彼で頑張ってくれればいいかと思います。前回も言いましたが、4回防衛して7連勝、そろそろZSTの平(信一)選手と組んでいただいても…ダメですかね?一つご検討をよろしくお願いします」と前田日明代表にアピール。昨年12月の横浜文化体育館大会で王座を防衛した後にもZST第2代ライト級王者・平信一にリング上から挑戦表明を行っていたが、その大会後に前田代表は「よっぽど突出した戦績だとか話題だとか持ってない限りはまず無理ですよ。今日みたいな試合やってるようじゃハッキリ言って無理」とバッサリ。

 今回の再アピールを聞いた前田代表は「平均点はみんな持ってるんだけど、突出した決定力が足りないんだよね佐野くんはね。元々は考えて試合できる子なんでもうちょっと学習してね」とアドバイスを送り、プロとのマッチメイクは年末の大きな横浜文化体育館大会や大田区総合体育館大会で行っているということで、やるのならば「OUTSIDERに出ている選手に箔をつけるために、実力知らしめるためにやりたいよね」とコメント。
 先は長そうだが、王者の願いは「無理」から「検討段階」へと一歩前進したようだ。