ここから本文です

自転車の77歳はねられ死亡 国道交差点で 千葉市

5/23(火) 11:06配信

千葉日報オンライン

 22日午前6時15分ごろ、千葉市稲毛区天台5の国道126号交差点で、自転車で道路を横断していた同市稲毛区穴川1、パート、青木信子さん(77)が、左から来た軽乗用車にはねられた。青木さんはすぐに同市内の病院に搬送されたが、頭などを強く打っており、約2時間半後に死亡が確認された。千葉北署は自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いもあるとみて、軽乗用車を運転していたタクシー運転手男性(66)=同市若葉区千城台南2=から任意で事情を聴いている。

 同署によると、現場は千葉都市モノレール穴川駅下の五差路交差点。男性の車は県総合スポーツセンター方向から交差点を左折して横断歩道を過ぎたところ、渋滞していた車の間から出てきた青木さんをはねたとみられる。男性は「気付くのが遅れた」と話しているという。