ここから本文です

ふっかちゃんミュージアム、道の駅はなぞのにオープン グッズも販売

5/23(火) 10:30配信

埼玉新聞

 埼玉県深谷市小前田の道の駅はなぞので20日、市の人気キャラクターふっかちゃんの公式ショップ「ふっかちゃんミュージアム」がオープンした。ファンとの触れ合いを楽しみつつ、ふっかちゃんを知らなかった人でも楽しめる新たな聖地として期待されている。

 ミュージアムでは縫いぐるみやTシャツ、缶バッヂなどの人気定番商品のほか、ミュージアム限定品など、ふっかちゃんグッズ約300アイテムを販売する。また、ゆるキャラグランプリで獲得したトロフィーやメダル、ファンからプレゼントされた寄せ書き入りの横断幕やメッセージなども展示している。

 人気となりそうな新商品は、高さ20センチのふっかちゃんの縫いぐるみ(1680円)。俵型の同ミュージアム限定ポーチ(698円)もおススメだ。寝そべった縫いぐるみ「おやすみふっかちゃん」(1480円)や高さ1メートルで8体限定の縫いぐるみ(5万円)にも注目。ふっかちゃんは午前と午後の1日2回、店内に登場してファンと触れ合う予定だ。

 館長を務めるアテンド役の二等兵ちゃん(25)は「深谷とふっかちゃんの両方を好きになっていってください」と来店を呼び掛けている。午前10時から午後6時まで。問い合わせは、道の駅はなぞの(電話048・584・5225)へ。

最終更新:5/23(火) 10:30
埼玉新聞