ここから本文です

高須クリニック院長が提訴。衆議院議員・大西健介(おおにし けんすけ)氏の人柄・学歴・経歴は?

5/23(火) 7:01配信

選挙ドットコム

高須クリニック院長が提訴。衆議院議員・大西健介(おおにし けんすけ)氏の人柄・学歴・経歴は?

5月19日美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が、民進党の大西健介議員の発言で名誉を傷つけられたとして提訴。大西議員と民進党・蓮舫代表らに、総額1,000万円の損害賠償を請求する訴えを東京地裁に起こしました。

転勤族だった少年時代。大学卒業後、参議院事務局に入局

大西健介氏は1971年04月13日奈良県の生まれで現在46歳です。1990年に奈良学園高等学校を卒業後、京都大学に進学。1993年京都大学在学中に、第一回国会議員政策担当秘書資格試験に合格します。1994年京都大学を卒業後、参議院事務局に入局し、議員立法や議会運営の補佐に従事しました。1999年外務省に出向すると、北東アジア課で日韓外交に取り組むことに。2000年には在アメリカ合衆国日本大使館二等書記官として、連邦議会を担当します。

政治家への転身は衆議院議員の政策秘書より

2004年には参議院事務局を退職。衆議院議員・馬淵澄夫氏の政策秘書となります。2007年に民主党愛知県総支部連合会が募集した候補者公募に合格し、民主党愛知県第13区(安城・刈谷・碧南・知立・高浜)総支部長に就任しました。

2009年には第45回衆議員議員総選挙に民主党公認候補として出馬。愛知13区選挙区において、得票数154,779票を得て初当選を果たします。2012年の第46回衆議院議員総選挙では得票数97,187票で当選。2014年第47回衆議院議員選挙では得票数116,652票をで3選を果たしました。

現在は愛知県第13区総支部長、党青年局長、党政務調査会筆頭副会長の要職に就いています。

キャッチコピーは「世だすけ、人だすけ、けんすけ」

大西氏は、HPによれば、政策のキャッチコピーに「世だすけ、人だすけ、けんすけ」を掲げ、具体的な政策としては、
1.大企業だけでなく、中小企業や働く人たちに優しい政治
2.西三河からニッポンを元気に
3.健全で信頼できる政治を目指して
4.介護・医療・年金・子育ての充実、消費税は社会保障に充てる

を揚げています。

高須克弥院長の大西議員への提訴とは?

美容外科クリニックの高須克弥院長が名誉を傷つけられたとして、民進党の大西健介議員を提訴している事件は、ネット上でも話題に。5月17日の衆議院厚生労働委員会の場で、「高須クリニック」のCMを大西議員が「陳腐」と発言したことがきっかけです。

エステ店が系列の美容外科に顧客を引き渡す悪徳ビジネスの実態について質問した際、「大量の陳腐な」テレビCM、「皆さんよくご存じのイエス○○クリニックみたいに」と発言。これに激怒した高須氏は、「高須クリニックはエステで集客しない。誇大広告のチラシもまかない」と自らのブログで声明を発表しています。

訴えについて大西議員は、お詫びしたいとの意思を表明しています。

選挙ドットコム編集部

最終更新:5/23(火) 8:36
選挙ドットコム

Yahoo!ニュースからのお知らせ